ポーカービジネス:ポーカー専門チャンネルはなぜできぬ?

ポーカービジネス:ポーカー専門チャンネルはなぜできぬ? 0001

去年の12月、私は誰がアメリカでカジノゲームやポーカー専門のテレビチャンネルをつくるか、競争が見物であるという記事を書いた。

しかし、この競争は意外なことにスプリントではなくマラソンになっている。あれから9ヶ月がたつというのに候補者もいなく、専門チャンネルでポーカーやその他のギャンブルを見るのにはほど遠いとさえ言えるかもしれない。

どうして専門チャンネルができないのだろう?ガーデニングや連続メロドラマの専門チャンネルはあるじゃないか。“自分でやりなさい(Do it yourself)ネットワーク”(何を自分でやれというのだ?!)なんてものさえあるのだ。個人的には、ポーカーよりも連続メロドラマの方によっぽど不快感を覚えるのだが、私のような人間はおそらくマイノリティーなのだろう。少なくともケーブルシステムや放送ネットワークを管理する人間の中では。

トラベルチャンネルがロゴに目覚めたくらいなのだから、ケーブル会社だってゲームに目覚められるはずである。もちろん、今でもポーカーは盛んに放送されてはいる。だが、ポーカーやギャンブルの専門チャンネルができたら、もっと柔軟性をもってポーカーファンのために幅広いプログラムを提供できるだろう。ポーカーをテレビ放映するスポーツとしてあつかうなら、他のスポーツネットワークが当然のこととしてやっているように、ポーカーもプレイヤーの生き方を紹介する番組、プレイヤーの人生を紹介する番組、歴史的なことを紹介する番組などを豊富にながせるような番組を持って然るべきである。

チャンネルを得ようと中心になってがんばっているのが、カジノゲームTV(CGTV)である。Nick Rhode がCGTVの代表取締役である。CGTVは一年にも及ぶ交渉の末、トンネルの向こうに光を見いだしつつある。

CGTVは、テレビ業界に参入するのにおもしろい戦略を使ったーそれはカナダで始まった。9月1日からCGTVカナダがオンエアされる。独自の番組とお決まりのゲーム内容を織り交ぜて放送する。

私はRhodesに、ここアメリカでゲームチャンネルを開くのに一番大変なのはどんなことかと聞いてみた。

「配電の問題だ。衛生放送会社から電波をわけてもらうのが最も重大で、最大のチャレンジである。交渉は一年くらいにわたって続けられている。我々は9月1日にカナダでチャンネルを開設する。それが発展していって国境の北側で電波が得られたら、アメリカの衛生放送会社も我々のチャンネルの潜在的な可能性を再評価してくれるだろう。」Rhodesはこう話している。

専門チャンネルを開設するにはアメリカ以外にいけばよいようである。すでに言ったとおり、去年の12月にアメリカでの競争ははじまったわけだが、イギリスではアメリカをおいこして、12月にチャンネル開設が発表され、3月には実際に開設されている。まさに光ファイバーのようなスピードである。

イギリスでポーカーチャンネルが開設されたことで、親会社のスカイランドは多数の契約視聴者を獲得することができた。そして実際に、スカイはもう一つゲーム専門のチャンネルを開設することを発表している。そのチャンネルでもさらなるポーカー番組が放送されるはずである。

Rhodesは最近、イギリスに行って現地のゲームチャンネルを視察し、感銘を受けた。「イギリスに行って学んだことは、実際にポーカー番組が見れること、そしてつきることのない需要がそこにはあるということだ。お金をはらってプレイする環境がイギリスにはある。実際にそこに行き、相互に掛け合い、意思疎通して、互いにプレイし合うというのがこの分野の、まだ解き放たれていない潜在的な可能性である。イギリスのシステムはアメリカに存在するシステムに比べて遥かに進んでいる。我々はこのように、金をはらってプレイすることやアメリカにおけるiTVについて計画したり想定したりすることもできない。現時点では法律で禁止されているからだ。

イギリスのモデルはアメリカで可能なことの一代も二代も先の世代である。われわれのカナダのチャンネル(CGTV Canada)もiTVを持つようになるだろう。

あきらかに、人々はポーカーチャンネルを求めている。疑問なのは、どうしてアメリカ人がこれを得られないかである。我々アメリカ人は、自分が望むものを手にいれるのが得意だ。みなが望んでいるものをもたらせばその人に利益が出る場合にはなおさら、それをみなに提供しようとするのである。

解決法は新規参入だけなのだろうか?それとも、ポーカーチャンネルを提供できる大きなアクターがすでにいるだろうか?以前には、フォックススポーツがこの状況に決着をつけるかに思われた。今年前半には、“フォックスポーカーチャンネル”開設に向けて準備が進んでいると噂されたが、これは実現しなさそうである。ビッグ・フォックス(フォックスのネットワーク会社)につとめる友人に聞いてみたが「90%確実にその案は100%なくなった。」と言っていた。

フォックスポーカーチャンネルができるかもしれないという噂は、CGTVやEdgeの資金調達をなんら助けなかった。そして今は、また平常に戻ってしまうのではないかという恐れしかない。

Rhodesは、大会社がポーカー専門チャンネルを作ろうとするときにおこりううるトラブルと不都合を予測している。「CGTVはスポーツとしての賭け事とファンタジースポーツも放映することになる。大きなメディア企業を見てもらえればわかることだが、企業はみなプロリーグや全米大学体育協会(NCAA)の放映権を持っている。スポーツイベントの生中継とスポーツとしての賭け事やファンタジースポーツを両方扱うのはむずかしいことなのだ。ただし、ESPNやFoxでは、ファンタジーマガジンスタイルの番組がどんどん増えてきている。メジャーなマスコミ会社が参入することに対しての障壁はどこにもない。ほとんどのマスコミ会社は、今放送しているチャンネルから派生してでてくる機会を全て最大化することに注目している。これはいいことだと思う。

アメリカにポーカー専門チャンネルができるとすれば、CGTVかEdgeになるように思える。12月の時点ではEdgeTVは専門チャンネル開設にたいして熱意(Edge)をしめしていたように思える。しかし、Edgeはこの数ヶ月ウェブサイトを更新していないし、実際にコンタクトをとろうとしてもうまくいかなかった。

アメリカでゲーム専門チャンネルができるのは、ここ数年他に例を見ないようなポーカー人気から考えれば当然のことのように思える。できれば、TVポーカーファンがもっとたくさんのポーカーを見れるようになるのは時間の問題であってほしい。

More Stories

どう思われますか?