バトワイザーはWPTの乾杯に用いられる

バトワイザーはWPTの乾杯に用いられる 0001

‘ビール業界の王様’は、WPTの主要なスポンサーとして、シーズン4から三年間選ばれた。

Budwesierはまた、国中いアメリカ国内のメジャーなトーナメントでWPTとビールの両方を販促活動することを計画している。

Anheuser-Buschの企業メディア担当の副社長であるPeter Mcloughlin氏によると、WPTはバドワイザーブランドのために完全にフィットする。

「私達は、WPT Enterprises (WPTの親会社)との3年間の契約関係を得たことに満足である」とMcloughlinは最近のプレス・リリースの中で言った。

Mcloughlinは、バドワイザーがツアーの「公式なビール」として再契約する主な理由の1つとして、WPTの広範囲な視聴者を挙げている。

「WPTは、ポーカーを単に気晴らしとしてではなく主要なスポーツとして捉えた場合 、 バドワイザーは理想的なスポンサーである」。

「スポーツとの私達の長い良好な関係は、スポーツの愛する消費者やテレビの視聴者によるポーカーの認識を増大させる」と彼は述べた。

トラベルチャンネルで放映されるWPTのシーズンIVでバドワイザーのコマーシャルは放送されるであろうし、視聴者は、ファイナルテーブルを取り囲んでいる「テーブルリング」エリアの上や、一般的になった「ホールカードカメラ」によりとられた内容を映し出すグラフィックスなどにバドワイザーロゴを見ることになろう。

各WPTイベントの勝利者への伝統的な乾杯はショーの終わりの儀式として続くであろう。

WPT Enterprises, Inc.の創立者であり、CEOでもあるSteve Lipscombによると、この両者の提携は完全にフィットする。

「WPTはポーカーにおいてゴールドスタンダード(第一人者)になり、バドワイザーブランドはビールの世界で同じである」。

「それは2つのビックブランドの偉大なる提携である」とLipscombは述べた。

また、バドワイザーは、広告戦略の一つとして、一般的なトーナメントの短縮版を特徴とする「テキサスホールデムスタイル」トーナメントを(合法なエリア内において)開催するであろう。

21歳以上のプレイヤーは、このイベントに無料で参加でき、優勝者は全国決勝大会の出場権を得られる。そして全国決勝大会のトップの2人のプレイヤーは、有名プレイヤーによって争われるWPTインビテーショナルトーナメントに招待される。

More Stories

どう思われますか?