T. J. Cloutier – 偉大なポーカープレイヤーへの軌跡

T. J. Cloutier – 偉大なポーカープレイヤーへの軌跡 0001

これはポーカー史上、伝説とさえなっている 偉大なテキサスのギャンブラーの軌跡である 。

あるプレイヤーが、ポーカーの世界にどんな影響を及ぼしていたかを理解するためには、Moss, SlimおよびBrunsonのような有名人の業績を調べなければならない。

それらの人が持っているように、T. J. CloutierははWSOPのメインイベントのチャンピンの経験はない。しかしながら、彼は「いつの時代でも最も偉大なトーナメントポーカープレイヤー」として多くの地位を獲得してきた。

1939年のテキサス州アルバーニで生まれ、現在同州リチャードソン在住の、T. J. Cloutierは、いつも、強烈な競争的な生活を走り抜けてきた。

現在でも、彼は約6.6フィートの身長で、アメリカンフットボールのラインバッカーのようなパワフルな体格をしている。

従って、彼が若い頃かなり成功したフットボールの選手であったと知ることは驚くべきことでない。

彼はカリフォルニア大学バークレー校に在籍し、タイト・エンドとして1959年のローズボウルでプレイした。

卒業後、彼は彼の家族の呼びかけて仕事をはじめたが、結局、多くのポーカープレイヤー(仲間のポーカーチャンピオン Mike Sextonを含む)がスキルを研いだ陸軍に徴兵された。

兵役期間が終了後、T. J. Cloutierは彼のフットボールキャリアを再スタートし、結局、カナディアンフットボールリーグで選手生活を終えた(驚くことに、その時代はカナデイァンリーグはNFLよりもっと多く報酬を支払った)。

彼が、最初にMontreal Alouettes、それからToronto Argonautsでプレイし、フットボールで成功し続けてきた。

膝の損傷により引退した後、彼は彼の父とビジネスの世界に身をおいたが、結局、ポーカープレイヤーとしてテキサスのほこりっぽい裏道の上にいる自身を見つけたのである。

それは、過去に比類がないのは偉大さへの道であった。

ポーカーの世界に身をおいて以来、T. J.は、すべての時代で最も偉大なトーナメントポーカープレイヤーのひとりであることを一貫して示してきた。

彼は1983年にポーカーのワールドシリーズにプレイし始めて以来、たった一年を除いて毎年入賞し続けている。

彼が、世界中の500ドル以上バイインするポーカートーナメントで、約60の勝利をもぎとり、より多くのトーナメントで入賞している記録をのこしている。

彼はWSOPの10,000ドルイベントでの勝利はないが、4回ファイナルテーブルにすすみ、2位2回、及び3位、5位の成績をのこしている。

T. J. Cloutierは、オマハやラズそしてノーリミットの異なった種目において6個のWSOPブレスレットを所持しており、最新のブレスレッドは2005年の5000ドルイベントのものである。

彼はまたWSOP史上48のイベントで入賞しているが、これはMen "The Master" Nguyenに続くものであり、Phil Hellmuth と Berry Johnsonと互角であった。

T.J.が、WPTシリーズにおいても、3回のファイナルテーブルでプレイしていることは不思議なことではなかった。

Cloutierはまた、1983年の世界チャンピオン Tom McEvoyと一連のポーカーに関する本を書いている多作の作家であった。

それらはポーカー戦略の中で最も素晴らしい作品のいくつかと認められていて、ポーカーのゲームを学んでいるものの多くが最初に紐解くものである。

2005年に、T. J.は彼の名前と知識を新しいコンピュータゲーム(World Class Poker with T. J. Cloutier)に提供した。それは今日、市場で最もよいコンピュータシミュレーターの1つとして迎えられている。

彼の攻撃的なゲームスタイルと威嚇的なサイズ(体躯)は、ポーカーテーブルで彼の成功に導くおおきな属性であった。

彼はまた、彼と対戦したプレイヤーの対戦方法について、ほとんど「精密な」メモリーとして保持しており、それらは、彼がフェルトの上の再度の戦いで、有益なな知識となっている。

テーブルから離れると、あなたは違う人を見つけるであろう。

彼は、陽気で、すぐに微笑みかけてくれる。

T.J.はまた幸福な結婚をし、妻Joyと6人の子供の父としてトーナメントのために旅行している。

T.J.は終わりなき彼のポーカー人生において、速度を落とす気配をまったく見せなかった。。

Cloutierは、ポーカーの世界で、オリンポスの丘にいる人々の1人と認められなければならない!

More Stories

どう思われますか?