カナダのDave Scharfとポーカーを語る

カナダのDave Scharfとポーカーを語る 0001

プレイヤー・オブ・ザ・イヤー・レースの予想には、多くの外人プレイヤーの中で、ポーカー界を騒がせているGavin Smith (2005年 ミラージュポーカー・ショーダウン・チャンピオン)、Haralabos Voulgaris(2005年のL. A.ポーカークラシックの準優勝者)、およびDoug Lee(2005年 WSOPサーキット・ベガスチャンピオン)を含む何人かのカナダのプレイヤーがいる。 リストに加えて、現在ラスベガスに住んでいながら、昨年のプレイヤーオブザイヤーのDaniel Negreanuは、まだ自身を、カナダ人(トロントで生まれ、育った)と考えている。 ポーカーの北限の拡大は、「チームカナダ人」のリーダーであり、カナダ初のポーカーの権威である、Dave Scarfがカナダでのでゲームの原動力であることによるところが大きい。

Dave Scarfについてあまり聞く機会が無かったかもしれないけれども、ゲームへの彼の関与は若い時まで遡る。 80年代にブラックジャックを通して生活を立てることができると彼が気づいた時に、Scarfは、子供としての基礎的な部分でのポーカーに情熱を注いだ。  ポーカーが90年代初めカナダカジノにお目見えした時に、Daveはポーカーのスリルと成功を見つけ出した。 彼はそれ以来引き返していない。 Daveは1997年にカナダの最初のポーカー雑誌、カナディアン・ポーカー・マンスリーを出版し、カナダのポーカー・ツアーの生みの親である。 彼は、カナダの多くのカジノにポーカーアレンジを助言した。 彼は、カードプレイヤー・マガジン、ポーカーダイジェスト、そのほか多くの出版物に記事を提供し、貢献した。 加えて、最近、ユナイテッド・ポーカー・フォーラム(UPF)の「ホスト」というタイトルをもらった。そこでは、彼は多くの論評と投稿することになる。

彼が自身を、セミプロのプレイヤーと見なす一方(またカナダのサスカトゥーンでの、朝のラジオ・パーソナリティでもある)、 デイブはカナダでいくつかのトーナメントに優勝し、特にワールドシリーズの時期に、時々アメリカでプレーする。 私は最近カナダのポ―カーや他の多くのことを語ってもらうために彼と電話で話した。

PN: カナダでのポーカーは、どんな状況か?

DS: カナダでのポーカーは比較的最近の現象である。 しかしながら、私は、私達(カナダ人)がうまくやっていくであろうと予測した。 私は、米国でポーカー人気が沸騰しつつあるのを、また次のプレイヤーの多くはヨーロッパから来るであろうと思っていた。 カナダはこの成長には遅れたけれど、最近の2、3年の間に追いついており、今、ご覧のとおりだ。

カナダではしばらくの間大きなゲームを見つけることが非常に難しかったことが大変問題であったと思う。 現在、ゲームは正常で、大きなトーナメントがいくつか続いている。全体的に、カナダのプレイヤーがうまくやっているのは当然だと思う。

PN: あなたがその創設を援助したカナダのポ―カー・ツアーはどのように行われているのか?

DS: スリリングな成功だった! 今年のカナダポーカーツアー選手権イベントはプレイヤーの数で過去最高だった。 私達はまた、カナダでのロジャーズスポーツネットワークとのポーカーツアーの放送権を確保することができ、それは喜ばしい役割あった。 カナダがポーカー・ツアーに組み入れられた訳ではないけれども、この時点では成功だった 。

PN: ユナイテッド・ポーカー・フォーラム(UPF)の「ホスト」になれた理由は?

DS: 彼らが私に依頼した(笑い)! いいえ、本当に、私がなるのが自然な物のように思われた。 私が書いたすべて、私が最近の10年の間にしていたことの延長であった。 UPFとロイ・クックが分離した時、友好的にと言わなければならないが、彼らが私に依頼し、私がイエスと言った。

PN: UPFのみが行い、他のポーカーフォーラムがしない事とは?

DS: 他よりむしろコミュニティのように思われる。 議論を通してゲームを改善する真実のへの熱意と家族のような感覚がある。

PN: あなたはまた頻繁に記事を掲載している。 メッセージ・ボードは、プレイヤーのゲームを改善するためにどんなことができるか?

DS: メッセージ・ボードは莫大な量の経験と情報にアクセスする信じがたい方法であると思う。 あなたが持っていたかもしれない特定のハンドの議論を通して、ポーカーにおいて改善し、独学することができる違うハンドを学ぶことができる。 思い出すこと素晴らしいことは、私達がゲームについていつも学習できることである。 質問をすることは実に謙虚で、重要なことであり、そのことで如何にあなたは改善できるか。

PN: あなたの本「ポーカーで勝利する」(2003年に出版)について質問したい。 本の中で、あなたはプレーの非常に保守的なスタイルを説く。 それはゲームでの、より「高収益な」方法なのか、または初心者のプレイヤーのためのアプローチであるか?

DS: それが、初心者のプレイヤーがポーカーに取りかかる非常によい方法であると思う。 そして、改めて、その上高収益でもある!  私が「ポーカーで勝利する」において語っていること、及び私が賞賛している他の2人の著者、Lee Jonesリー・ジョーンズ、およびLou Kringerルー・クリーガーが彼らの本の中で言っていることは、ゲームを攻略する大事な方法である。 他のプレイヤーより大変うまいからといって、勝てない。 あなたの相手が下手なのを要素として自分のアドヴァンテージ(有利さ)に取り込めると勝てる。

それは誰のためにもよい出発点でもあり、より強くなるにも良い。 もちろん、ゲームがよりうまくなるときに、あなたは、ゲームのやり方をそうし始める。 私がテーブルでプレーするとき、時々、人々は、「それはどの章の中にあるか?」と私に尋ねるであろう(笑い)。

PN: なぜ、「勝利する…」はポーカーコミュニティでもっと受け入れられないのか?

DS: おお、そうとは知らなかった。 出版社、チャートウェル・ブックは、市場で売れる本を手に入れたくて、私にそれを書くように頼んだ。 彼らが本を発送する時に買い戻さないので、時々、書店のディスカウントラックの上に置かれる。

PN: なるほど。しかしトレイシー・ローズの自伝より高く価格設定されたといえるのでは。

DS: (激しく笑い) まじめにお伝えしておく。 その本は現在第2刷で、彼らが私に出版するよう頼んだことが非常にうれしい。 それが本当の主流になっていないとしても、出版は成功していて、私はそれをうれしく思う。

PN: ポーカーのどの程度が先天的で、どのくらいが後天的か?

DS: 大きな問題!  手短に答えると「私には判らない」であるが、ゆったり座り、考えてみるならば、ポーカーの幾ばくかは、天賦の才能であるべきである。 例えば、私が高校に通っていた時に、一般的な学力適性検査があった。

PN: 私も覚えている

DS: そうですか。 私が話そうとしていることがわかりますね。 とにかく、立体解析テストにおいて、私は98パーセンタイルだった(Top 2%)。 それは、平面オブジェクトから、どんな三次元のオブジェクトが作成されるかを理解するものである。 それは、いつも得意としていて、他のみんなも得意であると思っていたものであった。 しかし、私が海軍でマップ・リーディングとこれらの三次元の思考過程を他人に教育しようとしているとき、ある人は能力を持っていて、ある人はまったく出来ないというのがわかった!

時に、人間として異なる中に、違うスキルを持っている。 うまいポーカープレイヤーがすべて持っているいくつかの物が存在する思う。  彼らは静かな物腰で、人間や人の考えプロセスを理解し、また共感、すなわち物事に対する感覚...いくらかはマッチするが多くはない物を持っている。 その上、ものすごく忍耐強い。

PN: なるほど。私は、オンラインポーカーは物事を熟考したい十分な時間が取れないので避けている。

DS: 私も、ライブほどうまくオンラインでプレーできない。

PN: あなたはどのオンラインサイトでプレーするか?

DS: プラネット・ポーカー、そしてパラダイス・ポーカーでプレーする。 不思議にも、それらは、プレーした最初のサイトで、それ以来、他のサイトに移っていない。

PN:オンライン・ゲームはこんにちのゲームにどのように影響をあたえたか?

DS: オンライン・ゲームは、ポーカーゲームを、現在の形にした!  テレビがポーカーに入り込む前に、オンライン・ルームは在り、テレビとともに、それら二つが、こんにちのゲームの原動力である。 どのような賭け金であっても、どこででもいつでもプレーすることができる。 あなたはカードルームに行く必要がない。 オンラインポーカーは、一般的にゲームとしてのポーカーを受け入れやすいものにした。

PN: あなたは自身を「プロ」のプレイヤーと見なさない。 それはどうして?

DS: 単にポーカーをからの主要な収入がない。 しかしそれについての私の見解を変更していた。 私は、いつも、アマチュアである点を誇り、それで十分である。 アマチュア、半プロ、またはプロフェッショナルであるとしても、私がどのようなタイプのプレイヤーであったとしても気に掛けない。 自身をプロフェッショナルと呼ぶのは、少し芝居がかっているように思える。 テレビは、特により若い聴衆に物を売り込む時に、そのプロという用語をゆがめる。

PN: プロは半プロまたはアマチュアより利点を持っているか?

DS: それは時と場合による。 それらの用語の定義は何であるか? ポーカーのポイントは、正しい決断を下すことである。 プロフェッショナルでさえする間違った選択が最も少ない人は誰でも普通にトーナメントで優勝できる。 その点において、全く有利さがない。

良く観察すると、すべてのプレイヤーの約5パーセントが儲かり、30%がとんとん、65%はお金を失う。 そう考えて、トーナメントにおける決勝テーブルを見ると、現実的にテーブルの半数が65%の範囲にあると言わねばならない。 従って、プロで在ろうが無かろうが、実際それは重要でない。

PN: 「チームカナダ人」について聞きたい。 うまく行っているようだが、アメリカ人はくわわることができるか?

DS: (笑い)私達はすべて親友であり、良い関係を保っている。 アメリカ人がどのようにチームとして加わるか私はわからない。ワールドシリーズでDevinが決勝テーブル進んだ時はおかしかった! Norm Chadは私たちが「カナダクルー」だとジョークを飛ばした(再び笑う)。 

Bob Jarrettは私達の中で唯一本当のプロである。彼は生計のために明確にポーカーをし、りっぱにやっている。 彼はものすごく楽しい人である。 Ralph Mairは私の親友の一人である。 そして、カナダポーカープレイヤーマガジンにいた時から私はDevin(Armstrong)を知っている。 彼も偉大な人である。

PN: トーナメントで打つ時、プレイヤーは何をするべきであるか? 予備的なトーナメントからプレーするか、メインテーブルで打つべきか?

DS: それは本当に時と場合による。 ポーカーのゲームに何を望んでいるか? すべての個人は、自分自身に問いかけなければならない。 その時、動機づけとしてテレビで見たことを使わないように。 それはファンタジーかもしれない。  ポーカーは楽しいもの。それを思い出してください!  プレーする時はいつでも、私が見失わないようにしているものだ。

PN: オンラインおよび現実のトーナメントの世界、両方のゲームにおける未来はどうか?

DS: 両方は結局一緒に融合するであろう。 ワールドポーカーツアーの始めのころ、オンライン・ルームは決められたスケジュールの一部のトーナメントを行っていた。 現在では、合法性のため言及されないが、 ポーカールームはポーカースター、アルティメートベット、およびパーティポーカーのようにトーナメントのスポンサーとなっている。 それは結局消え去るであろうし、オンラインルームとB&Mワールドはこれまでよりずっと融合するであろう。

2006年がゲームの頂点になるであろうと思う。 ちょうど今、ポーカーは、誰もがその一部になりたいポップ・カルチャー現象のようである。 今年ワールドシリーズメインイベントに5,000人を超えるプレイヤーが参加した。 過去数年に見られたように参加者が二倍になりまた三倍になり続けることはありそうでない。

それは横ばいになるであろう; ポーカーがピープル誌の中で取り上げられるのを見ることはないであろう! しかし、そうは言っても、この拡大がうまくいかなかったならば、そうあったであろう以上に人気のあるものになるであろう。

PN: あなたは将来どんな事をするのか?

DS: UPFを主催することに興奮している。 私は、2006年のワールドシリーズの間、チームプラネット(惑星)のリーダーであることや、プラネットポーカーがしているとことを楽しむ。 その上、もっと多く書くことにも興味をもっている。 私は、もう一冊本を書けるかなとも思っている。 大きな選手権またはそのようなものによってポーカーの世界を揺るがさなかったので、私はまだ信頼性の問題があるといくつかの点で思う。 そして、いつものように、私は、いつもポーカーのゲームを理解し、プレイヤーとしてよりよくなろうとし続ける。

私は、非常に面白く、私を啓発する会話に対してDaveに感謝し、ユナイテッド・ポーカーフォーラムでの彼の投稿をチェックするようにあなたに勧めたい。 あなたが初心者プレイヤーであるか、またはゲームのいくつかを調節する必要がある人かどうかにかかわらず、Daveを含み、そこには手助けできる非常によいプレイヤーがいる。 カナダポーカーについてのより多くの情報と同様に彼の書き物が投稿されるcanadianpoker.com、Daveのウェブサイトもチェックする必要がある。

More Stories

どう思われますか?