ポーカー(そして税金)の神はHachemに微笑む。

ポーカー(そして税金)の神はHachemに微笑む。 0001

この休暇シーズンはある1人の人にとって、とても良いものだった。今年のポ-カー・ワールドシリーズ(WSOP)・メインイベントチャンピオンとして知られる、オーストラリア、メルボルンのJoesph Hachemはポーカーの神様より別の大きな贈り物がおくられた。

Hachemの早いクリスマスギフトはオーストラリア政府の好意で届けられ、脊柱指圧治療師のために恵まれた休日となった。 WSOP(ワールド・シリ-ズ・オブ・ポーカー)に勝ち、ブレスレットと$750万の現金を家に持ちかえったHachemは、前の故国で税金精査の対象になった。 Hachemはアメリカに移住していたのだが、、最初の家への収入はオーストラリア税金法にしばられた。

Hachemが直面している税法では、彼の賞金全体の40パーセントを納めるのだ。、しかし彼らの収益についての税金の支払いは、キャリア(Hachemはイベントの前までプロとしてポーカーをしていなかった)として、活動に従事する人々に義務づけている法律の規定と似つかわしくなかったので、オーストラリア政府の税金部門にHachemは仕事でなく趣味としてプレイしていたと認められた。

幸運にも、Hachemのために、サンタクロースと彼の弁護士は政府の税法に反して猛烈な一撃を喰らわせ、彼はアマチュアとしてお金を勝ち取ったことになり、オーストラリアのプロフェッショナルなスポーツ選手によって支払われる高い税金を免除となった。

Hachemの弁護士によると、彼のクライアントが正しいことを示した、オーストラリア法従う法廷による決定は 「この結果、ポーカーの賞金は趣味から派生したものと分類され、これだけでは、オーストラリアの税金の対象とならない」とHachemの法律顧問Peter Donovanは言った。

特にオーストラリア法律における趣味と職業の間のラインがしばしばぼやけるけれども、これはHachemのケースではなかった。 「事業の運営と趣味の単なる追求の違いは、しばしば難しい区別である。しかし、あなたが特定の趣味に優れている事実が税金目的のために決定的理由であってはいけない。」とDonovanは最近のプレス・リリースの中で言った。

More Stories

どう思われますか?