年齢を上げることを試みているワシントン州

年齢を上げることを試みているワシントン州 0001

新しい法律が採択されれば、ワシントン州のギャンブル法に大きな変化があるかもしれません。今月初め、上院議員Jeanne Kohl-Welles、D-Seattleと議員のMary Helen Roberts、DーEdmonds たちが提出した立案では、最低ギャンブル年齢を18歳から21歳に引き上げるというものでした。

10代のギャンブルに詳しいシアトルポストによると、専門家はポーカー産業対する影響について特に心配しています。 テレビ放送されたポーカートーナメントと百万ドルの賞金が若者の間で問題のギャンブル増加の主な理由になっているからです。

「これは、飲酒行動とワシントンのギャンブル年齢に対して分別のあるステップであり、大部分の他の州の法律に同調します。」と、Jennifer McCausland(セカンドチャンスワシントンのディレクターで、問題ギャンブルの取り扱いと防止を手伝うために、資金を確保した活動グループ)は言いました。

ポーカーの爆発的人気が立法者の推論の主な焦点になっているけれども、新しい法律は競馬場、カードルーム、および小型カジノ、国の宝くじ、教会ビンゴ、パンチボード、およびプルタブを含む公認されたギャンブルのすべてのギャンブル年齢を上げるでしょう。

「誰もティーンをギャンブル中毒者に変えてまで利益を得たいとは思いません、そして、それが法案で両院を幅広く両党連立のサポートを得た理由です。」と、McCauslandが言いました。

Mary Helen Roberts議員によると、年制限を実施することで、ワシントンの若者を保護するのに役立つでしょう。 「(ギャンブル)問題の可能性があるので、私たちがアルコールを扱うように、大きい判断と、より多くの規律を学ぶことを期待してプラス3年間、経験を遅らせましょう。」

「ギャンブルはドラッグやアルコールと同じくらいの中毒性があるかもしれません。 ティーンとその両親は、お金と彼らの人生を賭けて、彼らが間違っていることを知る必要があります。」とセカンド チャンスのスポークスマン David Goldsteinは言いました。

ワシントンのカジノとカードルームがすでに21歳の年齢制限を行っています。とGildsteinは言っていた。 彼らが新しい法に「身代り」としてポーカーを使用したことは、ギャンブルアドバイス団体と立法者によって無視されたように思えます。 なぜ18歳の子供がイラクに行き、国のために死ぬことは出来ても、まだカジノでトランプをする事が出来ないのかを聞きたい。

私達はPokernews.comでは年齢に関わらず信頼できるゲームを提供します。

More Stories

どう思われますか?