The Bad Boys of Poker の夜が終わった。

The Bad Boys of Poker の夜が終わった。 0001

ポーカーファンは、ビデオデッキなどの記録機器にこの赤ん坊達が出演した番組を録画するよう設定するべきである。土曜日の夜WPTはロサンゼルスのコマースカジノで、‘Bad Boy2’を開催した。この夜は少量のチップが飛びかったが、そこにはより多くの言葉が対戦者同士で飛び交った。

その夜は、Phil Hellmuth, Tony G, Mike Matusow, Men the Master, Gus Hansen, and Jean Bobby Belandeが揃い、そこで火花が飛び交うのは確実であった。彼らは期待に応えた。

最近の日本訪問で購入した日本の伝統的な着物に装備されたTony Gは、テーブルで最も話好きで、アクティブであった。プレイが始まってから2時間後、Mike MatusowはTonyを見て、「あなたは私より饒舌だな、かなりやりづらい。」と言った。

プレーヤーは彼らの‘プライド’とBellagioで開催されるWPTチャンピオンシップへの25,000ドルの参加権の為にプレイしていた。彼らのプレイは迅速で、3時間20分で終了した。このトーナメントがWPTファイナルテーブルで行われた中で最も短いものである。プレーヤーは250,000のチップを持ちで、ブラインドは3,000/6,000に始まった。

対戦者同氏の口撃は本当におもしろかった。

それらの多くはHellmuthに向けられた。Philは微笑みで受け流していたが、1時間が経過して二度の集中砲火をあびた後に、Philが快く受け入れられていなかったとい事が分かった。通常はおしゃべりなJean Bobby Belandeは最後までかなり静かであったが、そこにちょっとした針をまいていた。ガスは一晩で約20語をかたった。

このテーブルでおこなわれたやりとりのいくつかはまったく珠玉のものであった。Tony Gの口撃に、打ち返しているMatusow。Menの甲高い声は時間の経過とともに大きく響き渡っていた。彼らはポーカーをしていたのは事実である、しかし、これはまさに良いエンターテインメントであった。

Gusが彼の最後の5,000チップをスモールブラインドとしておいた時に、最初に飛んだプレイヤーになった。Gusはその前のプレイで、ポットに5000チップを残して約80,000をいれたが、結局彼はフォールドした。

Tony GのQQがMen the MasterのAKとヘッズアップになったときに、Tony Gは彼をノックアウトする為にチップを弾き、そして勝ち取った。

次はJean Robertの番であった、彼は数回にわたりTony Gとぶつかり勝ち続けていた。

しかし、この夜のハンドは‘Bobby’を消し去った。フロップで8、9、10が開いたとき、Bobbyはベットした。Tonyは少しレイズした。Bobbyはリレイズし、TonyはBobbyにオールインさせた。BobbyはJ7のセカンドナッツをみせた、しかしTonyはQJのナッツを見せたのであった。Bobbyはチョップをいのったが、チョップにはならず、彼は飛ばされてしまった

さて、テーブルのチップ総量の3分の2を持つ事によって、Tony Gはそのテーブルをコントロールしようとしていた。彼がチップを入れる前に、HellmuthはQ5でオールインし、MatusowはQTコールしていた。

ヘッズアップになってから、その夜の最後の手があらわれるまで、TonyはMikeにプレッシャーをかけ続けていた。MikeはポケットKによってオールインした。約3.5倍のチップを持つTonyは、彼が‘マジック・ハンド’を持っていることについてしゃべり、そしてダイヤの8Tでコールした。そして、開かれたカードの最初の二枚は8Tであった。その後Mikeを助けるカードは出なかった。

手を握り、写真をとって、トニーが部屋を歩き回っているあいだ、Matusowは完全に5分間ボードを凝視しつづけた。Tony Gは最もすごいBad Boy(少なくともこの夜に限っては)になった、このエピソードは6月下旬に放映される。

More Stories

どう思われますか?