Beau Rivage、ポーカールームを伴って再開

Beau Rivage、ポーカールームを伴って再開 0001

ハリケーン カトリーナによって被害をうけた多くのビロクシ、ミシシッピエリアのカジノの1つであるBeau Rivageは2006年8月29日に再開する、と親会社MGMミラージュから発表された。

再開日がミシシッピ海岸線に襲来したカトリーナの1年の記念日にさだめられたのは重要である。

強風と30フィートの高潮がそのリゾートを揺り動かした時に、ミシシッピゲーム管理法によって、Beau Rivageの72,000平方フィートのカジノ部分は、はしけ(小型船舶)のような状態で、多大な損害をだした。

Beau Rivageの再開は、約1,000人の従業員のためだけでなく、ガルフコースト地域のポーカープレーヤーのために、よいニュースになるであろう。うわさによると、改造されたカジノは40のテーブルを備えたポーカールームが含まれるらしい。スティーブ・ウィンによって築かれて、6億8000万ドルのコストで1999年の3月にオープンしたBeau Rivageは最初豪華なポーカー部屋を持っていた。開場語ほんの数ヶ月後に、経営陣はより多くのスロットマシンのためにそれを閉鎖してしまった。

このリゾートの大きなポーカールームは、おそらく増大したポーカー人気によるものであろう、また、それは部分的にミラージュリゾート取締役会長Bobby Baldwinの影響によるのかもしれない。

1978年にWSOPメインイベントを勝ち取ったプロポーカープレーヤーの経歴があるBaldwinは、Bellagioポーカールームにある有名な中にガラスをかこまれた超ハイリミットテーブルのための「ボビーの部屋」の名づけ元である。

12月に再開した3つのビロクシカジノのすぐ後に、Beau Rivageのポーカーの再開が発表された。ゆっくりとけれども確実に、Redneck Rivieraのポーカーの状況は復活しつつある。Isle of Capriの9テーブルIPの16テーブルのように。

また、2つの他のカジノが今年オープニングの計画を持っており、カテゴリー5ハリケーンは建物を破壊することができるけれども、湾沿岸エリアのポーカースプリッツを破壊することができないことを証明している。

More Stories

どう思われますか?