ポーカーについて話そう

ポーカーについて話そう 0001

Loren Ackermanは、11歳の息子がベースボールカードを使って、ポーカーをプレイし勝利した時に、かわいいと思った。彼女は、彼が高校になってもポーカーに興味を持ち続け、グレードが上がりその利益をあげつづけていたので、心配しなかった。Ackerman婦人は、彼女の息子が大学在学中にに、クレジットカード会社が支払いの催促の電話を始めた時にAckerman婦人の考えが変わった。息子は、多くのポーカーファンが認めた2003年フォックスウッドで開催されたWPTのファイナリストのChris Ackermanである。Chrisが、若手プロポーカープレーヤーとして成功し続けているが、彼の母は、Chrisがポーカープレイヤーとしての慢心と道に待ち受けている落とし穴を避けるために、親子でゲームに関する有意義な議論をする必要性を認めた。

商学の教師であったLorenは心配している親と希望に満ちている若者との重要な関係を助けるため、Talkin' About Poker: Straight Talk for Parents and their Playersを書いた。

「私達は、最初息子が破滅への道を突き進んですると思った。何をしていいかわからず、単に恐れ。」と彼女は言った。「私が、ポーカーのすべてを知ろうとしたのは、彼が中毒状態になっているのではと思ったからです。そして、私は、彼が威嚇されない方法で、理知的に話し合うことが出来るようになりました。」。Lorenと家族がテキサスホールデムの学習を始めた数年後 このゲームの財務上の上昇や下降、また息子がこのゲームにのめりこんでいったような、いわばローラーコースターに乗っているような感情の起伏を経験した。Lorenは、彼女の経験を公開し、エキスパートと話し、ポーカーに関する現象を研究し、この興味深い新しい本に集約し、発行したのである。

Chris Ackermanは、有望なプレーヤーとして彼の考え方やと見方を提供して共同で本を制作した。彼は、「あなたがコントロールできなくなったり、まずい決定をするならば、危険であるかもしれない。ポーカーをするすべての人々が中毒状態になるわけでもないし、私も多分ならないだろう、ただ保証されているわけではない。重要なのは、あなたのドルの価値(自己資金)を認識し、あなたの財務的限界を越えてゲームに流されないことだ」と述べた。また、彼は、「多くの人々、(特に若者ならば)難しいかもしれない。今、プロポーカープレーヤーになって、私の誤りを振り返えることが出来たのも両親とのコミュニケーションをはかる事が出来たから。このプロセスの重要な一部であった、そして必要な時に開放的に私の状態を聞いてくれ、助けてくれたことを感謝したい。」とも述べた。

この本は、親たちを、その気にかけている若いプレーヤーに効果的に近づけさせる。

この本は、122ページで扱いやすく、簡単だけど強い力をもった本である。Ackerman家の人々は、オンラインやカジノのライブゲームでどのようにポーカーをしたらよいか、いつポーカーをプレイしている子供たちを心配したらいいか、親としての子供をしつけかたの欠くことのできないテクニックを結びつけた。この本は、数千人の困惑し心配しているポーカープレイヤーの親たちの決定版のガイドになるだろうことは疑念が無い。

More Stories

どう思われますか?