WPTとWSOPのリーダーが世界ポーカー会議の顔になる

WPTとWSOPのリーダーが世界ポーカー会議の顔になる 0001

今年、ポーカーコミュニティの中で重要な世界2大ポーカーツアーのリーダーの二人が、スウェーデンで開催される会議の基調講演スピーカーになることであろう。

WPTの創立者で社長でもあるSteve Lipscombがスウェーデンのストックホルムで開催される世界ポーカー議会のスピーカーの名簿に掲載されたという発表により、我々はポーカーコミュニティで世界で最も名誉ある二つのポーカーツアーの2人のリーダーの話を聞ける機会を得たことになる。6月28日に2日間の会議を締めくくるために、Lipscombの共同基調講演スピーカーとして壇上に上がるのはWSOPのコミッショナーであるJeffery Pollackである。同時に今日最もポピュラーなポーカーツアーの両方から話を聞ける事は、ポーカーコミュニティとって、おそらく始めての事である。

世界ポーカー議会の組織者の1人で、River City Groupの社長でもあるSue Schneiderは、「Steve Lipscombは、現在のポーカーブームを作り出した重要なイベントであるWPTを創設し、ビジョンと先見の明があった。」と述べた。「最も古く、最も尊重されたポーカーツアーを運営するJeffery Pollackとともに、Lipscombは、このゲームの国際化とどのように国際市場に参入していくかを明らかにするであろう。」と続けた。

6月27日に始まるこの会議では、二人の特別な議論だけが会議の唯一のハイライトになるわけではない。世界ポーカー議会はオンラインの世界とライブポーカーの世界の間で類似点を見つけ出すであろう。その会議の出席者の為に、これらは2つの議題でなければならない、またそれだけではなく、世界中のポーカー産業で共有された興味ある問題を議論するであろう。出席者たちは、ポーカールームのマーケティング、プレイヤーの育成、ヨーロッパの法律・経済問題、トーナメントの運営、プレーヤーベースの運営、迅速に成熟しつつある事業戦略、犯罪およびセキュリティ、合併&買収などの問題を議論するために参加するであろう。

イベントの主催者は、このイベントがこの産業に関係している者がアイデアを共有する最適な時間になるであろうと信じている。

Global Gaming Business と PokerBiz magazinesの発行者であるPaul Dworinは、「世界ポーカー議会はグローバルにポーカーのビジネスのための主要な会議になるであろう。オンラインポーカールームとリアルポーカーゲームの世界には、あきらかな相乗効果があり、たとえ、誰かのビジネスがどちらの側の方程式を操作しても、WPCは、それがどのようにゲームの成長を利用出来るかについて調査するであろう。」と述べた。

オンラインとライブポーカールームの最大かつ最も光り輝いている者が集まる2日間のミーティングは、今日のゲームの状況を明らかにする素晴らしいものになるであろう。

また、ポーカースポーツの未来を垣間見ることが出来る機会を提供する非常に創造的な会議であるべきである。世界ポーカー議会の詳細について、worldpokercongress.comで確認してほしい。

More Stories

どう思われますか?