ノースカロライナでFossilmanにポーカー挑戦 Part 1

ノースカロライナでFossilmanにポーカー挑戦 Part 1 0001

偉大なポーカープレイヤーの書物を読む事は、ゲームを学ぶよい機会である。同じプロにゲームの様子を尋ねるチャンスは、プレイヤーから学ぶ貴重な手段である。約12時間にわたって、世界チャンピオンからその情報を引き出し理解する事は、クレジットカードのコマーシャルの中で言うのと同様、でとても高価である。

Greg Raymerが「Fossilman Challenge」の為に、ノースカロライナ州ピネハースト郊外のLittle River Golf Resort and Spaに来た日曜日に、100人のポーカープレイヤーが得たチャンスの話である。このイベントは、アメリカ最大のフリーバーポーカーツァーのWorld Tavern Poker Tourがスポンサーとなって開催され、2004年のWSOPメインイベントチャンピオンから、よりゲームを知りプレイを向上させようとする多数のプレイヤーがニューヨークやミネソタから集まった。重要な事は、有益な議論と興味深い活動、およびこのイベントの締めくくりのRaymerとのポーカートーナメント為に、参加者が選ばれた事である。

参加者は、4月9日日曜日午前11時頃、パットの競技会の為に練習用グリーンに集まった。そしてそのイベントは、明るい日差しの中で始まった。熱心なゴルファーでもあるRaymerは、ピンから約50フィート離れた所に立ち挑戦者達に、ピンの最も近くに寄せる事を要求した。彼のボールはピンから約4フィートのところに停止し、マークされた。そして、挑戦者たちは、この世界チャンピオンより近くに寄せようと試みた。いくつかの試みがなされ、ショートしたりカップに蹴られたりした時、一人の紳士が現れ、彼のボールは静かにホールのセンターに吸い込まれた。彼は「Fossilman」による私的な個別指導セッションを得たのである。

このセミナーの主題は、(ゴルフではなく)Raymerがポーカーに関する約2時間のディスカッションであった。Gregはスピーチの間に、彼が今日の名声を得るに至った彼自身の軌跡について語った。彼が、彼のWSOPの回想して、「私は最初に2002年にメインイベントを参加したとき、600人のプレイヤーが競争者であった。昨年、その参加者は10倍に増え、今年は8000-10000人になると期待している。」と述べた。

しかしすべての議論がWSOPについてであるわけではなかった。Gregは、ライブゲームやトーナメントにおいて、多くのプレイヤーがそのプレイを向上させるいくつかの方法についてスピーチした。彼は、トーナメントとライブゲームの見逃されやすいいくつかの違いを指摘した。そして、どうしてプレイヤーがトーナメントよりライブゲームのほうが攻撃的になりやすいかについて述べた。「あなたがライブゲームにおいて捕まった場合は、あなたのポケットからあらたにチップを買い足す事が出来るが、トーナメントでは、あなたのチップが無くなったら、あなたは追い出されてしまう。従って、あなたは、この両者で異なったゲームをする必要があり、そしてそれは異なった判断がなされる。」と続けた。

Raymerは、またブラフやアマチュアとプロのプレイヤーの主な違いなど、プレイヤーを対比しながら指摘した。彼はポーカー理論において素晴らしいポイントを示し、プレイヤーは、配られた個々のハンドよりもテーブルで対戦する人々を自分の手の中に置く事を試みるべきであることを強調した。最後に、彼は、ポジションと手の強さおよびブラフの重要性を述べ、テーブルで練習の重要性を強調した。

プレイヤーは、このイベントの一部であるポーカートーナメントを楽しみにしていたけれども、誰もがまた、彼のプレゼンテーションの後に行われたたQ&AセッションでRaymerをもっとよく知りたがった。Gregは、Q&Aセッション出席者の1人からに質問に答えて、「私は本を書こうとしているけれども、私は怠け者である」と言った。部屋中が笑いにつつまれた時に、彼は、「私は忙しいし、私は怠け者で、そこには興味深い組み合わせがある!」を笑って付け加えた。

次に、GregはPokerStars月例ランキング・ボードのトップだったFunki Monkiとのヘッズアップを、PokerStarsで行った。この二人が非常に興味深い試合をしている間、彼は解説していた。Monkiはまさに挑戦者に値するプレイヤーだった。彼は、フロップでセットを完成させたときにスロープレイし、Raymerはチップのほとんどを失ってしまった。すぐその後、Funki MonkiはRaymerを破り、このオンラインでの試合で1,000ドルを、勝ち取った。

トーナメントはこの日の重要な一部分であり、それは非常にはげしいイベントであった。私が、この話のパート2のためにそのトーナメントの間に起こったことを取材している間、「Fossilmanに挑戦」の出席者は、そのトーナメントにただ参加したことよりも大きな幸福を得ただろうと言っても問題はないだろう。このイベントに参加したDanielle Anthonyは、この一日を振り返って「Gregと話すことが出来た。このイベントでは、Gregと話しサインをも貰える機会があり、また、他のWorld Tavern Pokerのプレイヤーと会えたのは嬉しかった。」と述べた。

More Stories

どう思われますか?