ポーカー映画:アメリカン・ドリームは、‘No Limit’

ポーカー映画:アメリカン・ドリームは、‘No Limit’ 0001

Nation's film festivals で公開された新しい長編ドキュメンタリーの題名は、「No Limit」 ポーカートーナメントにおけるアメリカンドリームを描いたものである。Susan Genardのポーカーと映画への愛情とTimothy Rhysの監督術の組み合わせでポーカーの世界のポーカートーナメント、プロのプレイヤー、アメリカン・ドリームの為に努力する人やその表情など洞察力のある表現をもった映画を作り上げた。

Genard と Rhysは、心の中でいくつかのゴールを設定してこのドキュメンタリーを作ることを試みた:Genardは米国中を回り、オマハとスタッドのトーナメントを6回参加し、Rhysはそれらの旅についてまわって撮影した。Genardはそのトーナメントで入賞し、この映画と会社のために資金を提供した。

GenardとRhysのいくつかの明らかな相違点は、No Limitに多くの視聴者が話題にするだろうユーモラスで、個人的な切り口を与えた。Genardは、ポーカーに深い情熱と敬意をもち、またその複雑な事情に関する信用できる知識も所有している。他方、Rhysは、ポーカーやトーナメントのために準備し参加することについて、事実上何も知らない。‘ワイルドカード’は、彼らに同伴し、彼らが両者とも心の中で最も興味を示している4歳の息子のBrickwであった。彼は、そのカップルの間のどのようなギャップでも埋める存在であった。

No Limitがポーカートーナメントの財務と感情のジェットコースターのような急激なゆれに焦点をおき続けていた間、潜在的なテーマは、アメリカン・ドリームの追求とそれが異なるタイプの人間にとって何を意味しているかの追跡であった。カップル自身の希望と熱望(それはそれらの両者の間で大いにちがっている)の追跡に立ち会うことのほかに、プロを含めた若者・老人など多種多様なポーカープレイヤーがポーカーの世界や彼らの生活についてインタビューされた。それらのコメントはフィルム全体にわたって存在し、きちんと整理されている。

最終的に、アメリカン・ドリームは、彼ら自身の夢を追求する各人の能力で実現する。Genardが、トーナメントを勝ち取るのを最終的にできるかどうかは、フィルムのテーマに関連しているかではなく、彼女が彼女のゴールを追いかける情熱を持ち続けるかどうかである。それにもかかわらず、彼女の旅は、ポーカーをプレイするか、トーナメントを巡回することを考えたことがあるすべての人の心に訴える。本当に、No Limitは、ほとんどのポーカーの世界の外にいる人々に、そこでは、アメリカン・ドリームの追跡が普遍的になされていることを理解させることたができた。

この映画は、まだ世界的な流通業者を得ていないが、様々な映画祭で上映されることがきまっている。幸運さえあれば、No Limitも近い将来、あなたの近くの劇場で見られるであろう。

Susan Genard, と Timothy Rhysのこの映画の詳細については、nolimitmovie.comを参照してほしい。

編集者注:

Full Tiltにサインアップすることによって、あなた自身のアメリカン・ドリームを追い求めてください。

More Stories

どう思われますか?