ポーカー推論:アリゾナ在住の人が納税期日にチームポーカーニュースフリーロールを獲得。

ポーカー推論:アリゾナ在住の人が納税期日にチームポーカーニュー... 0001

2006年4月15日の土曜日、NoblePokerはPokerNews WSOPシート フリーロールトーナメントを開催した 。アメリカのプレイヤーが締切日に税金を払い終えた後に、ポーカーのWSOP参加権を勝ち取る為に、このフリーロールに参加した。今年のWSOPでの勝利は、長期間にわたる税金に関する心配事でも解決する事が出来る。そして、過去5回のフリーロールで初めてその勝者がアメリカ人であった。私達は、より多くのの勝者達を待っています。

この興奮は、1000ドルのチップを持った252人のプレイヤーから始まった。種目はノーリミットテキサスホールデムで、最初の二時間のアクションは早くそして激しかった。ファイナルテーブルは、トーナメントを勝ち抜く事を熱望している、熱狂的なプレイヤーで占められた。

ファイナルテーブルは、開始早々、ルーズであり、チップリーダーのBoudi79。数人のファスナリストがテーブルからさるまで、Boudi79はその地位を維持し続けた。PaulQは10位、Pushloopは 9位、8位のStrangerx03xが去るまでは迅速に進んだ。ファイナルテーブルに残ったときショートスタックであったRaizeMeIBluff は7位に終わった。

残り6人のプレイになったとき、ブラインドは1500/3000であったが、ファイナリスト達はかなりタイトにプレイした。DasTodtは先頭を走っていたが、Worm23,Boudi79、Raphusはそれほど差が無く続き、MajorFatalとrev800も充分なスタックを持っていた。DasTodtは、チップ量で他のプレイヤーを脅し続け、彼らのブラインドをとって彼のチップを66,000超えるまで増強し続けた。最終的に、ブラインドが2000/4000になったときに、Worm23はオールインし、Raphusによってトーナメントから取り除かれた。

次のラウンドで、rev800は数回のオールイン攻撃を行い、DasTodtに続く2位まで、チップをたくわえた。他方、Boudi79はいくつかの大きな手を負けて、彼自身がそのトーナメントから追い出されたことを自覚した。ブラインドが3000/6000になったとき、ベテランのオンラインプレーヤーであるMajorFatalはショートスタックでオールインして、DasTodtによって追い出された。すぐその後、rev800はRaphusのオールインをコールし、バーチャルなドアにRaphusをエスコートした。

2人のプレイヤーが残ったとき、DasTodtは150,000ぐらいのチップ量をもち、rev800は約110,000であった。ヘッズアップのプレイは早く激しかった。両方のプレイヤーはチップポジションが入れ替わるのと同時に、チップ量も移動した。rev800は少しの間リードしたけれども、DasTodtはモンスターの102,000のポットを勝ち取ることで、一番上のポジションを取り戻した。

ファイナルハンドは、rev800が、A-K、でオールインし、DasTodtがA-Jでコールしたときであった。ボードはJ-4-J-10-Jで、JのフォーカードはDasTodtにクリアな勝利を与えることを明らかにしたのである!3時間の戦いの末、DasTodtは251人の他のプレイヤーを打ち飛ばし、WSOPパッケージを勝ち取った。あなたは、チームPokerNewsの他のメンバーとともに、今年のWSOPで彼に会うことができるであろう。

私達は、少なくともあと13の座席を与えることができます。今すぐこれらのポーカールームに参加してください。ポーかニュースのWSOPパイのスライスを食べてください。次のチームポーカーニュース WSOPフリーロールは、米国東部時間4月28日の金曜日にタイタンポーカーで開催されます。

編集者 注 ポーカーニューススペシャルフリーロールのスケジュールはこちらを参照してください。

More Stories

どう思われますか?