ポーカーに関する改善:Turning Stone の改装

ポーカーに関する改善:Turning Stone の改装 0001

過去10年間にポーカーの人気が上がったことによって、ほとんどのカジノは、ポーカールームを開設するか、プレーヤーの継続的に増加に適応させる為に、既存の設備を拡張してきた。ニューヨーク州ベロナにある、オナイダ族インディアンのTurning Stone Resort and Casinoにおいてもその事情は全く変わらない。Turning Stone のポーカールームは1999年のオープン時には22テーブルあったが、過去数年間にわたり拡張しなければならない必要性は明らかであった。

ポーカー部門のディレクターJason DiBenedettoは拡張の理由について話した。「私達は、いつも忙しく、特に週末はひどい状態で、プレイヤーに遠慮してもらったり、数時間も待たせたりしているのです。」。ポ―カープレイヤーために10卓のテーブルを増設し、スタッフとプレイヤーのためにテーブル間のスペースを広くし、およびトーナメントのための専門の登録受付を新設して、ポーカールームの広さを50%拡張した。

さらに、装飾は、イタリアをテーマにして、よってより創玄でエレガントな雰囲気をかもしだすために改装された。大理石の柱と木材で装飾された天井は、茶色、金、および黄色でかざられ、微妙な色合いがとれており、素朴な味わいをだしている。他方、現代のポーカールームを象徴するように2つの大きなフラットパネルのスクリーンがプレイヤーや他の人々のために設置され、ひとつはプレイヤー待機リストのために利用され、他の一方はニュースとスポーツ放送のために利用されている。

Turning Stoneは、ポーカールームの場所を正面玄関にあるビンゴ会場の近くに移動させた。現在、320人のプレイヤーが参加可能な能力を持ち、よく考えられた配置の設定は理想的である。

Turning Stoneのポーカールームは毎日24時間営業しており、通常セブンカードスタッド、オマハ、ホールデム、およびセブンカードスタッドハイローがプレイできる。また、トーナメントも常時開催され、その中には有名なMay Mania や Fourth Annual Turning Stone Resort and Casino Poker Classic の予選も含まれる。このトーナメントシリーズは、5月12日から開催される一連のノーリミットホールデムトーナメントである。

編集者 注:ヘッズアップはポーカーの最も純粋な形である。Pacific Pokerでは、いつも大きなヘッズアップポーカーが行われている。

More Stories

どう思われますか?