WPT シーズン4 チャンピオンシップ 終わる

WPT シーズン4 チャンピオンシップ 終わる 0001

ラスベガスのBellagioで2006年WPTチャンピオンシップが開催され、以前に開催されたWPTイベントよりも様々なフィールド出身の男女605人のプレイヤー世界中から集まった。ほとんどのプレイヤーが25,000ドルの参加費を支払い、何人かのラッキーなプレイヤーがたった25ドルでサテライトを勝ち抜きシートを得た。また、シーズン4のすべてのWPTチャンピオン達がその賞金の一部として参加権を得ていた。高額な参加費でWPT賞金史上最高の賞金総額を争うこのイベントは、熟練したプレイヤー同士の戦いとあいまって、控えめに言っても最も興味深いものになった。

最終日に行われるファイナルテーブルに進んだ6人のプレイヤーが決定した時、Phil Hellmuth や Evelyn Ngなどの有名なプロは取り除かれていた。そして、テレビテーブルの為のバブルプレーヤーはこのゲームで輝かしい将来を持っている有望なプレイヤー、Vanessa Roussoであった。彼女は、このチャンピオンシップを勝ち取ることに照準を合わせたフロリダのロー・スクールの学生である。彼女は、7位でノックアウトされるまで、信じられないポーカーをプレイして、彼女の決意とスキルを証明した。それにもかかわらず、その賞金の263,625ドルはロー・スクールの学費としてつかわれるべきである。

4月24日月曜日に世界中からファイナルテーブルに集まった6人のプレイヤーは、幅広い範囲のスキルと才能を例証したのであった。6人のファイナリストとスタートチップ量は次の通りであった:

Seat 1: Joe Bartholdi - $7,135,000

Seat 2: Roland de Wolfe - $1,860,000

Seat 3: Men "The Master" Nguyen - $1,490,000

Seat 4: Claus Nielsen - $5,875,000

Seat 5: James Van Alstyne - $8,070,000

Seat 6: Davidson Matthew - $5,765,000

そして、このトーナメントがポーカーの世界でステータスを誇るものである証拠として、観客は有名なプロプレイヤーのオールスターラインナップであった。この観客には、Scotty Nguyen, Joe Cassidy, Liz Lieu, Marcel Luske, Martin de Knijff, Ming Ly, Gavin Smith, Mark Seif, Huck Seedらが含まれている。また、遅れてChris Bigler, Juha Helppi, Evelyn Ng, Patrik Antonius, David Benyamine も参加した。

約40分にわたってタイトなプレイが続いた後、Menはポットの中に彼のショートスタック全てを投げ入れた。しかしながら、だれもコールしなかった。Menは「私はハングリーなんだ。」といい、彼のお決まりの言い方である「きみらは誰でも私を食べることができるんだよ。ベイビー」と続けた。しかしながら、Masterは、ポケット10で行った次の試みで、ClausのポケットQにコールされた。そして、ボードは彼を助けることを拒否し、彼は292,915ドルを得て6位でトーナメントから取り除かれた。

2時間が経過し、Rolandはいくつかのポット獲得するための用意ができていた。彼はポケットKでオールインし、Jamesは、かろうじてRolandのベット額をカバーしたチップを持っており、K-6でコールした。ボードが何もJamesを助けないことを明らかにしたとき、彼のもとには、次のブラインドをカバーできないチップが残された。従って、予想されたように、Jamesは次のハンドでオールインした。その手は偶然にもA-Kであった。JoeがJ-10でコールし、ターンで、彼が勝つために必要であったペアを引いた。Jamesは439,375ドルを獲得し、5位という結果を残した。

次の1時間は、オールインにたいして誰もコールしないような状態が続き、ちょっとしたチップが行き来しただけだった。最後に、このチャンピオンシップのオールイン対決を始めたRolandはClausに挑んだ。RolandはA-10Sでオールインし、Clausはポケット9で受けた。ボードがどちらのプレイヤーも助けなかった時に、Clausはダブルアップし、Rolandは痛手を負った。

その後、JoeはポケットKでオールインし、ClausはA-Qでコールした。ボードはリバーでClausのQをペアにしたけれども、それは、Kに打勝つのには十分ではなかった。Clausは偉大なプレーをみせて4位になり659,120ドルを持って終了した。

3人のプレイヤーがいなくなった時、Joeはチップリーダーであった。Rolandが6のペアーで残ったチップをセンター移動するまで、すべてのプレイヤーは、しばらくの間タイトにプレイしているように思えた。Joeは2枚のQでコールし、フロップで3枚目のQがでてしまい、Rolandを救うための手段はなくなった。彼は3位で1,025,205ドルをもって旅立った。

WPTの上のこれまでで最も大きな賞金をかけてのヘッズアップ強烈なものになるだろうと予想された。プロのポーカープレイヤーであるJoe Bartholdiは彼自身で参加費を支払い、21,670,000ドルのチップをもって最後の顔合わせに臨んだ。トロントの中小企業オーナーであるDavid Matthewは25ドルのオンラインサテライトトーナメントを勝ち上がり、8,350,000ドルのチップを持っていた。

David は、ヘッズアップがはじまった当初、Joeに数ハンドを勝ち2人のプレイヤーの間のチップは均衡して来た。しかし、その後のハンドで、Joeは形勢を逆転させて、彼のリードを取り戻した。2人の有能で攻撃的なプレイヤーのエキサイティングな戦いは、いつも観客を魅了していた。二人のアクションは強烈で、約1時間にわたって続いていた。

アンティーが100,000になり、ブラインドが400,000と800,000まで増加した時に、両者は、彼らのプレイをステップアップしたようだった。David は、リードを得るために大きなポットをしたけれども、その後のシーソーのような一進一退の行動は、次の30分の間で両方のプレイヤーのチップ量を均一にしてしまった。最後に、二人はこのトーナメントを決めるであろうポットに巻き込まれていることを知った。

フロップ前に小さなアクションがあって、ボードは9c 8h Ahを示していた。Joeはかなりのレイズをし、Davidはオールインを敢行し、Joeはコールした。Joeは9-5を示し、Davidはハートの10-4を示してフラッシュドローであることを主張した。ターンは2dで、リバーはDavidを救えないAdであった。Davidは、1,903,950ドルは言うまでもないが、名誉と優美を持ち去ったのである。9のペアーによって、Joe Bartholdiは、2006年WPTチャンピオンシップを勝ち抜き、金のブレスレット、トロフィー、WPT世界チャンピオンのタイトル、および3,760,165ドルを勝ち取った。

今、ポーカートーナメントシーズンが終わったのである!

編集者 注:WPTのVince Van Pattenはハリウッドポーカーでプレイしている。

More Stories

どう思われますか?