ルイジアナ州のポーカーに関する法案

ルイジアナ州のポーカーに関する法案 0001

ルイジアナ州では、ポーカーは、19世紀後半よりも流行しているとはいえない。大方の話では、ポーカーはそこで起こり、ミシシッピー川の汽船に乗って沿岸の各州に広まったといわれている。21世紀初頭になったが、ルイジアナ州では、わずか4箇所しかライブポーカールームがなく、それらのポーカールーム以外でポーカーをプレイすることは厳禁されている。最近行われたその法律を少し変更しようとする試みは、州政府内の下院を通過した。

しかしながら、4月25日、その改正案は上院を通過するのに十分な票を手に入れることはできなかった。州内でのチャリティートーナメントやローカルな「バーポーカー」トーナメントを公認することを目的とした下院提出法案1149として名づけられた法案は、上院では2票足りずに成立しなかった。

おそらくその法案に関し最も議論された事項は、今日アメリカでポーカーについての続いた討論の内容を示していた。この法案は、広がったポーカーができる場所にルイジアナの居住者の参加を認める試みであっただけでなく、今日のポーカーで急速に成長する「バーポーカー」セグメントを助けることになるからである。法案HB1149は、何回トーナメントを開催できるか、参加する者の年齢制限、広告の制限など、この成長産業を規制するガイドラインを設定することをねらっていた。しかし、2005年のハリケーンによって荒廃させられた状態を回復する重荷を担っている民主党員の、ルイジアナ州知事Kathleen Blancoは、現在のポーカー状況を改正するどのような試みにでも拒否するであろうということを宣言していた。そして、それは立法機関の法案の提案者から強い反応をもたらした。

法案が彼女の受付に到着前に、彼女が立法上のプロセスに干渉したために、この法案の提案者である民主党員Warren Tricheは知事にたいする攻撃を開始した。彼はまた、知事の法律顧問が法案の通過に関して証言したという事実は不当であるとおもっていた。この両者が持っている意見の違いは、カジノ以外の場所で行われるポーカーについて、多くの州が持っている問題でもある。

Tricheは、議員達に、トーナメントはギャンブルではない。そのビジネスは個別のアクションによって成り立つものではないからである。「ハウスは、賭けていてもいなくても、何も得るものではない」と彼は述べた。州はこの問題について異なった見方をしている。論理的に言って、トーナメントを開催する者は、アルコールやフードの売り上げが増加し、それらがトーナメントから得る利益であって、その点で違法となると主張する。

しかしこの法案はまだ死んでいない。Tricheは再度法案を提出することができる。この問題を再考するためか、または、知事がトーナメントを許すか、または彼女の支持者であるルイジアナの住人の反発を生む可能性を考慮しなければならないという難しい決定に追い込むためにである。ガルフコート(湾岸)に住む人々は、まだ、ポーカーをするためにカジノに行く必要があるけれども、その状況は変わるかもしれない。より多くの情報を与えるため、私達はバトンルージュの政府の会議室でおこなわれるポーカーについてのさらなる議論を見続けます。

編集者 注:私達がいつも言っているように、快適で安全なあなたの家で、Poker Starsでプレイしてください。

More Stories

どう思われますか?