WPT シーズン4チャンピオンたちの戦い

WPT シーズン4チャンピオンたちの戦い 0001

月曜日の夜、WPTチャンピオンシップのファイナルによってWPTシーズン4は最高潮を迎えた。しかし、シーズンはまだ終わっていてなかった;録画された最後のエピソードは、次の夕方に開催されたWPT Battle of the Champions IVであった 。

今年度行われた16のイベントの勝者は、ベストの中のベストを決める為にBellagioに集められた。一人のチャンピオンを除き、チャンピオンたちはWPTチャンピオンシップの前日の4月17日に集まった。出場しなかったのは、PokerStars Caribbean Adventureの勝者で、若いカナダの学生のSteve Paul-Ambroseであった。

その日、6席のファイナルテーブルを選ぶまで数時間かかった。その日選ばれるファイナルテーブルの席は5席しかなかった。6番目の席はWPTチャンピオンシップの勝者の為に確保されていた。最終的に、フロップでJ-9-3が開いた後に、Al ArdebiliはJ-x(Jのペア)でオールインし、Freddy DeebはポケットQでコールした。そのオーバーペアーで勝利し、Ardebiliはそのトーナメントのバブルである7位であった。

1週間後(4月25日)、5人の生存者は、前夜WPTチャンピオンシップを勝ち取ったJoe Bartholdiと戦い、そのタイトルを獲得のためにふたたびBellagioに戻った。

下記はファイナルテーブルのラインナップである:

Seat 1: Mike Simon, winner of the World Poker Challenge in Reno

Seat 2: Nick Schulman, winner of the World Poker Finals at Foxwoods

Seat 3: Freddy Deeb, winner of the UltimateBet.com Aruba Poker Classic

Seat 4: Scotty Nguyen, winner of the Gold Strike World Poker Open in Tunica

Seat 5: Michael Mizrachi, winner of the Borgata Winter Poker Open

Seat 6: Joe Bartholdi, winner of the WPT World Championship

WPTの「スペシャルイベント」(Bad Boys of Poker, Ladies Night, etc)と同様、各プレイヤーは250,000のチップを与えられて、アンティ1,000、ブラインド3000-6000でゲームは始まった。

誰も長時間の試合になるとは予想していなかったが、わずか2ハンド目にオールインの状況がおこるとは思っていなかった。Deebはポケット10によってベットし、NguyenはA-Ksでコールした。Nguyenは、ターンでフラッシュドローの状況になったが、リバーがひらいた時、彼の全てのチップを失った。Scotty Nguyenはその日の最初の死者であった、他方、Deebはダブルアップし、50万になった。

それから5ハンド後、Deebはそれまでプレイされた7ハンド中4回目のプリフロップでのレイズをおこなった。Bartholdiは、Deebのハンドは弱いと考え、J-8oでオールインリレイズを行った。しかし、彼は間違っていた。DeebはポケットQを持っていた。ボードはBartholdiに多くの希望を与えず、彼は5位で取り除かれた。

次の手で、フロップがK-Q-Jレインボーだったとき、SimonはSchulmanにたいしチェックレイズし、そして彼らはすぐオールインした。SimonはK-5o(Kのペア)を示したけれども、SchulmanはポケットAをもっていた。最後の2枚のカードはいみなく、Mike Simonは4位で出ていった。

ファイナルテーブルは25分未満で、8ハンドだけがプレイされた。しかし、テーブルの半分はすでにいなくなり、アクションがすぐ速度を落とすであろうという合図はまったくなかった。どこかで、WPTのプロデュサー、2時間のTV番組のために1時間のトーナメントを編集する必要があるかもしれない可能性を恐れていただろう。

3人のプレイヤーがいなくなった時、Mizrachiは、スタートチップより若干少ない程度ではあったが、すでにショートスタックであった。ハンド#21で、彼はビックブラインドの5倍をレイズし、Schulmanはオールインした。MizrachiはA-7sでコールしたが、Schulmanのポケット9でトラブルにおそわれた。Mizrachiはフロップで7のペアーをひき、ターンでフラッシュドローになったが、リバーで彼のすべてを失った。Michael "The Grinder" Mizrachiは3位で出ていった。

WPTの記録になったが、15分の休憩を含む1時間のうちに4人のプレイヤーが取り除かれた。このショーの運命は最終的に残った2人のプレイヤー、Nick Schulman と Freddy Deebに握られた。彼らはほぼ同じチップ量の約750,000を持っていた。

ヘッズアップの試合は、予想がつかないという意味で悪名高い。両方のプレイヤーがよいカードを持っていたり、強いフロップが出た場合には、いつでも終了してしまう。DeebがAruba Poker Classicを勝ち取った時には、18手めにJosh Schleinを打ち負かした。Schulman と Tony Licastroで戦われた Foxwoods World Poker Finalsでは、4ハンドで終わってしまった。

ちょっとしたマネープレゼンテーション(結局ほんの25,000ドルであったが)が終わった後に、彼らは、2時間と20分で75ハンドを戦うことになろうとは。WPTがこのショーのために十分な時間を保証していたが、会場に声にはださないが明らかな嘆息が満ちていた。

Schulmanは、最初の10ハンド中で9勝し、二倍のチップ量でリードした。Deebは、その後、地歩を保つこと(生きながらえる)ができたけれども、チップ量を戻すことはできなかった。その試合の終盤、Schulmanの勢いは強く、Deebのスタックはますます小さくなっていた。

最終的に、ハンド#96で、SchulmanはJ-10によってボタンからオールインし、Deebは7-5で彼の最後110,000をもってコールした。Schulmanはフロップで10のペアーをつくり、Deebはターンで5のワンペアーになったがそれだけであった。Deebは二位になり、Nick Schulmanは優勝して2006年のWPT Battle of the Championsのチャンピオンになった。

Nick Schulmanはトロフィーと来シーズンの25,500ドル相当のWPTチャンピオンシップのシート、および自慢する権利を得たのである。

Mike Sextonは、この戦いを総括して述べた。:若者がテーブルを支配したこのシーズンにふさわしく、これまでで最も若いWPTチャンピオンがこのイベントを勝ち取った。(Schulmanが昨年の11月Foxwoods World Poker Finals で210万ドルを勝ち取った時に、ちょうど21歳であった。)

Schulmanはショーの終わりのインタビューの間無口な人であったけれども、Sextonが彼に、彼が他のより多くの経験豊かなチャンピオンによって萎縮させられたかどうか、また、彼が彼らと同じくらいよいプレイをしたと思ったかどうかを尋ねた時に、彼は笑って答えた。「私はよりよかった」。彼は、その宣言をバックアップするために、2つのWPTトロフィーを持っている。

編集者 注:Ultimate Betであなたの宣言をバックアップしてください。

More Stories

どう思われますか?