Gargamoalがチームポーカーニュースの座席を勝ち取った3人目のオーストラリア人になった。

 0001

4月29日土曜日(米国東部時間)、CD Poke上でフリーロールトーナメントが戦われ、2006年のWSOPメインイベントでプレイするチームポーカーニュースのオーストラリアメンバーを生み出した。この勝者はWSOPパッケージを勝ち取る為に、アグレッシブでエキサイティングなオールインプレイを行い、他の161人のプレイヤーを倒した。

プレイヤー達は、トーナメントの開始からチップリーダーになろうとして、危険を冒し、プレイはかなりルーズに始まった。2時間にも満たない時間でで、152人の参加者が追い出され、残った10人の熟練したポーカープレイヤーでファイナルテーブルの戦いが始められた。750/1000のブラインドから始まったファイナルテーブルの戦いで、jeroen72とKSU12はチップリーダーになり、彼らがプレイのほとんどにわたって熟練したポーカープレイヤーであることを証明した。

ファイナルテーブルが始まったときにショートスタックであったRammstein77は、0moneyman0によって最初に追い出された。ちょっとした時間が過ぎて、ブラインドが1000/2000になったときに、Spider8sinがオールインした。Gargamoalがコールし、ツーペアを作って、Spider8sinを9位で終わらせた。直後に、CountyAJは8位においてiknowwhatugotによって追い出されたが、iknowwhatugotは、長い間そのポットを維持することはできなかった。すぐに彼は、Valo777に7位で取り除かれた。

その間、Gargamoalは積極的にオールインプレイを成功させ続けて、チップを増やし続けていた。Valo777は、直前のポットを勝ち取ったにもかかわらず、ショートスタックで苦闘していた。最終的に、jeroen72はQと8のツーペアによって、Valo777をその苦痛から解放し、Valo777は6位に終わった。

チップリーダーの一人としてファイナルテーブルに参加したJeroen72は、いくつかのよいハンドでGargamoalを叩き潰そうとしたが、Gargamoalは70,000以上チップを持ってリードをたもった。しかしながら、Jeroen72はめげずに、続けて2人のプレイヤーを追い払った。第一に、彼はJと8のツーペアで0flipflop0を打ち負かし、次にフラッシュでKSU12を追い出した。彼らはそれぞれ5位と4位でいなくなった。その後、Gargamoalは0moneyman0を3位で取り除いた。

トーナメントが始まって2時間30分になろうとした時に、オランダのjeroen72とオーストラリアのGargamoalでヘッズアップが始まった。そして、あなたが注意を払っていなかったならば、この試合を見逃したであろう!Gargamoalはjeroen72のチップの2倍以上持っていて、ヘッズアップの最初のハンドで10のペアーでオールインし、リバーでセットを完成させ勝利した。今、Gargamoalはこの夏のWSOPというエキサイティングな場所を経験するための長いフライトを得た!

ポーカーニュースでは、WSOPのシートを勝ち取るより多くのチャンスがあります。次のチームポーカーニュース WSOP フリーロールトーナメントは、ノーベルポーカーで米国東部時間5月13日土曜日に行われます。そして、同5月20日には、Pokerroom.comが開催します。これらは世の中にある最もよい価値のうちひとつです。-冷気の中にいないでください。(熱き戦いに参加しましょう)-今日サインアップしてください。

More Stories

どう思われますか?