Poker Cage Match: ライブゲームの女王 vs インターネットのキング

Poker Cage Match: ライブゲームの女王 vs インターネットのキング 0001

Liz LieuとErik Sagstromが、$200,000 heads-up matchesで3回戦目を戦うことに合意した時点で、それは大々的に「美女と野獣」として広告されました。Lieuは美女に間違いないが、Sagstrom(背が高く、ブロンドのスウェーデン人)はとても野獣には見えません。 しかし、この対戦で最も興味をそそるのは、見た目ではなく―――どのように伝説のオンライン ポ-カ-プレーヤー(Erik123)がキャッシュ ゲームのトッププロとライブゲ-ムで戦うのかです。

このアイディアはおよそ1カ月前からオンライン上で盛り上がっていました。(その時、SagstromとLieuはMartinsPoker.comでheads upをプレーしていました。) 最近、Lieuは、MartinsPoker.comのスポンサ-チームメンバーとして雇われたのです。 それから、両者の間で言い争いが続き、SagstromがLieuを、「fish」(彼はスウェーデン語で言った)と呼んだ時に、最高点に達しました。 Lieuは、ライブのキャッシュゲームで自分の言葉を証明するように彼に求めました(彼女はもっと経験豊な所です)。 Sagstromは了承し両方がWPT World Championshipの為にラスベガスに訪れた時に詳細を決めました。

各プレーヤーが各回$200,000のチップ用意し、場所はVenetina Casinoで3回戦の heads-up matches です。ゲームは2,000ドル-4,000ドルのlimit hold’emで行われます。 すべての3つのマッチ(3-0)で勝利すれば、勝者は600,000ドルを手にするでしょう。 2勝1敗なら、利益は200,000ドルになります。

1ヶ月も前からVenetianの Poker roomはすばらしいホストぶりでした。部屋の中央をロ-プで囲み、ファンからこの試合が良く見えるようにしたのです。 そして、Martin de Knijff、John Phan、およびClaus Nielsen(WPT World Championhip4位)を含む彼らの親友のために、レールの中に少しだけ座席を設けました。 週末には、他の大物プレーヤーBarry Greenstein、Johnny Chan、 Minh Ly、 Patrik Antonius、 Jan Sorensen、John D’Agostinなどもこの試合を見に来ました。

さぁ、はじめましょう。

5月5日金曜日: マッチ#1

最初のマッチは金曜日の午後5:00に始まりました。各プレーヤー10本の黄色20個のチップ($1000)-合計 $200,000.からのスタ-トです。

Lieuは、3回のチャンスで3つのスタック($60、000)をSagstromから獲得し、早い段階で有利にはたったものの、猛烈な一撃を出すことができませんでした。 重要な手の1つに、Lieuは9h-8c-6cのフロップに対し手の中にジャックペアーを持っていました。彼女は、Sagstromがフラッシュドロー狙っていると思っていた、最後の2枚のカードで4d-9dが出た時、まだ自分が勝っていると計算した。 しかし、Sagstromは10c-9cを持っていてフラッシュドローとガッツショットストレートドローを 狙ったが失敗した。しかし、リバーの9を使って、彼は勝利した。Lieuによると、「そのハンドでの最大のアクションだった。」

Sagstromは、トラブルを回避することに優れていることが判明した、Lieuは彼を「九つの命を持つ猫で、いつもよみがえってきて決して死にません」と表しました。

Sagstromのリードでその日を終えることに合意しました。 Sagstromには、24万5000ドル、Lieuは15万5000ドルで終了した。

5月6日土曜日: マッチ#2

2人のプレーヤーは、土曜日に、それぞれ200,000ドルから新たに始めました。最初の試合には、Sagstromにツキがありましたが、しかし今回はLieuに運命の女神は微笑んだようです。

Lieuはすばやい段階でフルハウスを決めました。開始から15分後は、$300,000 にして$100,000のチップのリ-ドを広げ、30分後には、Sagstromは、約$55,000までダウンしていました。

約1時間後、2つのダイヤを含むK-7-4のボード上で彼はK-Jのトップペアをフロップで作った。 ターンは5d、リバーにはJdがあり彼にツーペアーの4ダイヤボードとなった。 彼がベットして、Lieuはpocket eightでコールした(ダイヤの8を持っていた)。Lieuはフラッシュで勝ち、 $50,000以上の価値のあるポット得た、Sagstromは約45,000ドルまでやられました。

Sagstromの最後の19,000ドルがポットに入るまで、彼は確実に衰退していた。 J-7-6 のハートの2枚のフロップでSagstromはLieuの9h-8h(フラッシュドロー、オープンエンドストレートドロー)に対してJ-5(トップヒット)でオールインした。ターンでハートのエースが落ちてLieuがMatch #2を掴み取りました。

最初の200,000ドルの勝利を宣言して、Lieuはこの競争においてリードしました。 彼女はカードを問わず、一日中アグレッシブなスタイルでした。――今日は2時間強の非常に短い試合でした。

5月6日土曜日: マッチ#1、

マッチ#2の早い終結によって、彼らは、休息とディナーのために数時間の後にmatch#1を終えることに合意しました。 土曜日の夜、Sagstromは24万5000ドルでLieuは15万5000ドルで座り直しました。今回はSagstromがアグレッシブでした。A-AとA-Qの2つのハンドでbig potを取りLieuを$40,000まで落とした。

Leiuは迅速に対応対し、A-Jを持っている時、フロップで9-8-6の後で$12,000のオールインをした。Sagstromはリバーまでカードを隠したが、リバーでエースが出た。 Sagstromはマックした。Leiuの持ち点は2倍になった。 次の30分で、Leiuは$165,000まで戻しました。リバーにあるエースは彼の頭の片隅でどこかでとって疎ましかったにちがいありません。

Sagstromはこの2時間を楽しみました、Lieuがほんの6,000ドルにまで落ち、より大きなポットを狙い2倍の$12,000になり、次の手、彼女はフロップでツーペアをJ-3で作り対してK-9でコールしてまった。彼女はさらにいくつかのポットを勝ち取り、$33,000ぐらいにまで戻したのですが、デッドマンバウンドであることが判明しました。 彼女の最後は、J-10-9のフロップの後にオールインした。 彼女はSagstromのK-10(10ヒットのガッツショットストレートドロー)に対し8-7(ジャックハイ ストレートが完成)を持っていました。 しかし、ターンでqueenが落ち、Sagstromにハイ ストレートが完成し、Lieuには、リバーでkingが落ちてポットを分けるしか無かった。最後のカードは6で、Sagstromはマッチ#1を取りました。 (それがマッチ#2後で終えても、私達はまだそれをマッチ#1と呼びます。)

2人のプレーヤーはそれぞれ1勝1敗で、3番目の試合ですべてが決定するでしょう。 そして、それはどんな試合になるのでしょうか?

5月7日日曜日: マッチ#3

マッチ#3は両方のプレーヤーの流れが入れ替わる激しいフィナーレでした。 それは遅い時間に始まり、長い時間やっていたにもかかわらず、最後まで多くのファンを釘付けにしました。-午前 01:30

Limit hold’emはさまざまな理由からno-limitよりずっと速いゲームです。 賭けのサイズを特別な考える必要もなく、どんな誤りもあなたのすべてのチップを失うことはありません。 ディーラーを補助しているShuffleMasterマシンによって、彼らはたくさんのゲーム楽しむことができるー1時間あたり約70ハンドです。

初めのころは特に目立つ動きはありませんでした。 Lieuは、プレイ後で、我々は、あまりプレイに集中できていなかったようだったとコメントしました。 Lieuはすぐに$265,000までになりましたが、すぐにSagstromが$260,000まで戻しました。 それから、振り子はLieuに戻り、2時間30分の後には、スタートと同じの各$200,000に戻っていました。

それからは、Sagstrom がラッシュをかけた、8-5によって大きなポット(フロップ ツーペアーで、リバーでフルハウスになった)を勝ち取りました。また、少しゲームが進み、彼が9-6のハンドを持っている時、フロップでスリーカードが出来て、K-6-6-5-9のボードでフルハウスになった。 突然、Sagstromは$100,000のリードしました。

しかし、彼の勢いは止まりませんでした。 Lieuはアグレッシブさを失い、Sagstromは彼女のチップを$30,000以下までしました。それで、Martin de Knijffのショーが始まった。

Lieuは小さなポットを取り、それからは、より大きなものも勝ち取り始めて、40分後には、イーブンにまで戻していました。 リフレッシュされて、生き返って、Lieuは、欠いていた彼女のフォーカスを取り戻しました。 どのプレーヤーもいくつかの幸運なしではその深みから抜け出すことはできなかっただろう、しかしLieuはそのすべてを手にしてしまった。

午後10:00、Lieuは$219,000とSagstromは$181,000のところで45分のディナー休憩を取りました。 彼らが戻った時に、小刻みな動きはありましたが、いつ決着が着くのかまったくわかりませんでした。 Sagstromは翌朝のフライトを予約していましたが、このまま試合が続けば、いつまで続くのかまったく予想もつきませんでした。

約1時間のディナ-休憩の後に、Lieuはスリーカードでビッグポットを取った。ラッシュをかけた彼女は最高で$311,000まできました。 彼女は真夜中までに約3つのスタック($60、000)のところまで彼を追い詰めましたが、マッチ#1のようには行きませんでした。 Sagstromは、その場を打開することはできなかったが、あきらめてはいませんでした。

午前12:45に、Sagstromは$36,000までに成っていました。 それから、彼らは10-8-3-10-Kのボードでビッグポットを引き当てました。 SagstromはK-8(kingsと8のツーペアー)を持っていて、LieuはA-8(10と8のツーペアー)を見せた。 Lieuは彼を全体的にはコントロ-ルしていたが、Sagstromはリバーで3のペアーを作り勝ちを拾い、$60,000ドルにまで戻しました。 (もしリバーで他のカードだったら、Sagstromはちょうど$12,000になり無気力になっていたでしょう。)

15分後短い休憩を取ったのち、彼のチップは$114,000までに戻り、彼は息を吹き返しました。$ 132,000ぐらいまで戻すことはできましたが、Sagstromはそこまででした。

次のhandで自分の目を疑いました、両プレイヤーが7回もレイズを繰り返すポットは大きく($28,000)なりました。 ボードはKh-Qs-9d-Aが出て、LieuはJ-10によって一時的な最高ハンドに位置していました。 この時点で、彼女はリバーで何もおちない事を望みました。最後のカ-ドはKdでした。ボードのペア、そしてフラッシュドロー の可能もありました。 しかし、Lieuがstraightを決め、Sagstromは降りました。彼は$86,000までダウンしていました。

Sagstromは次のハンドで一時的な猶予を得ました。リバーでジャックのスリーカードを作って$16,000を得たが、Lieuは速くも立ち直り、Q-J持ちでリバーでガットショットストレートを引きました。

チップはちょうど$44,000、 SagstromがA-3を持ちフロップで A-5-4 , エースヒットとガッツショットストレートのチャンスが来た。 しかし、ターンカードでクラブが2枚ボードに置かれ、Qのクラブがリバーに出たときLieuはレイズした。 Sagstromは時間を掛けて考えた、Lieuが、すべてのお金をこのハンドで得ようとしていた。彼は負けたと思った。 彼は、彼女のハンドを見るためだけに4,000ドルを使う余裕がなかった。A-3を示して、彼は勝負をあきらめた。 彼は$24,000までダウンしていたが、勝負を諦めず、最後まで戦う用意をしていました。

彼は、一度、$62,000ドルまで戻し、10分ほど残ることができた。 しかし、午前1:33に、Sagstromは、手の中で3のペアーを持っていた時、フロップでQ-8-4が出た。彼は、勝負を降りることができなくなりました。 ターンカードは5で、最後のカードはそう—3でした。 Sagstromが リバーでスリーカードが出来て、彼の最後の$11,000がポットに入りました。 彼は彼のセットを見せましたが、LieuはA-2で返り討ちました。

Sagstromはストレートとは知らず、リバーまで導いていました。 3が落ちた時に、それは、とても大きな救命具のように見えたにちがいありません。 実際は、彼をダウンさせたのですが・・・

Liz Lieuは、マッチ#3に勝ち、2勝1敗で$200,000の利益をもたらしてこのheads-up challengeに勝ちました。 試合の後で、彼女がSagstromと握手した時、約2ダースもの観客の喝采を受けました。

もう一度振り返ってみましょう。

この週末、両方のプレーヤーともに浮き沈みがありました、そして、両方とも重要な瞬間には運を呼び込みました。The heads- up challengeはどちらのプレーヤーがトップでも簡単に終わることができました、そして、両方とも立派なプレーヤーであることがわかりました。

Heads-up matchはAndy Bealが2月にCorpationを演じていて、Barry Greensetinが去年の夏にDaniel Negreanuの挑戦を受け入れていらい何も新しいことはありません。 しかし、このマッチが楽しい挑戦として出発し、メディアの取材によって十分なイベントとして成り立ちます。 別のプレーヤーが、また我々の前に現れるのはいつのことでしょうか?

この新しいトレンドは私たちを1949年に戻すかもしれません。それは、Benny BinionがJohnny MossとNick「The Greek」Dandalosとの間で行ったa public heads-up matchの時のように。それはその当時のまま、今に息づいています。

More Stories

どう思われますか?