Online Poker Boom: 888 Holdingsリポート第1四半期リポ-ト

Online Poker Boom: 888 Holdingsリポート第1四半期リポ-ト 0001

Pacific Pokerを含む888 Holdings(多くのオンラインゲームサイトの親会社)は最近2006年の第1四半期の結果を報告しました。全体として、ロンドンタイムズによって発表される記事によると、2005年の6000万ドルから2006年の8400万ドルへ、オンラインゲーム収益は、昨年、同時期に比べ42%も上がっていました。

十分に興味深く、より良い成長率を持ったのは、カジノビジネスでした、四半期からのおよそ32%のカジノ収益がプレーヤーベースであり、ポーカー収益でも同じプレーヤーベースにおいて4%の成長でした。 データは、ポーカーが圧倒的なプレーヤー数でまだ大きな割合占めていることを示しています: 平均的なカジノプレーヤーは、平均的なポーカープレーヤーの3倍以上収益を生み出しましたが、888の報告よると、ポーカーはまだ純収入の46%を占めていました。

第1四半期は伝統的に強い時期であり、結果は時期的にも調整することができます。 それでも、1人のプレーヤーあたりのポーカーは去年の今ごろに比べて66%上がっていました。 会社の報告によると、この成長は時期的なもので、今年の第2、第3四半期にはスロ-ダウンするだろうと警告しました。

「888は純益率の改善によって当期においてポジティブな開始をきれました」。 「第1四半期は時期的に強かったです、そして、我々は過去のレベルと同じマージンで第2と第3四半期も続けるために過去の時期的なパターンを予想します」と会社がリリースしたステートメントの中で言いました。

リリースは、それらの成長が主に米国の外にあったことを示唆しました。それは、未決定の反ゲーム立法への無口の効果があるかもしれません。

株価は今週ニュースを予想して約5%上がりましたが、約1%戻して230pで今日取引を終了しました。 ロンドン株式取引所で取引する会社はその初期の2005年10月のフロート以来、約2億ポンドをその初期の評価に加えます。

More Stories

どう思われますか?