ポーカープレーヤーの銃弾からの回復を願う

ポーカープレーヤーの銃弾からの回復を願う 0001

もし1879年なら、ポーカーで銃撃戦を引き起こすことは新しいコンセプトではありません。 それよりも銃撃戦が2006年のポーカーゲームにおいて突然おきたらと考えるとおもしろいです。

それは母の日のある週末にHickoryとNCの間で起きました。 Carl Merrittという名前の紳士は、彼の友人とホーム ゲームをしている時に強盗未遂に合い、その時彼は銃弾によって傷を負ったが、現在回復に向かっています。 66歳の男性は、母の日の午前3時ぐらいまでポ-カ-をしていたが、そこへマスクをかぶった3人または4人男が乱入してきました。少なくとも加害者の1人は武装したと目撃者は述べています。

ポーカープレーヤーはその状況において何をしたのでしょうか? Merrittは、自分のピストル取り、強盗を打ちましたが、外れ、そして腹部に2発の散弾を受けました。 しかし、Merritt立ち上がり、強盗に、プレーヤーのお金の少しも触れずにゲームを残すことを強制しました。 緊急手術を受け、現在は安定しています、誰が、最初にゲームを降りたのかを確かめたいのですが、警察ではまったく解りません。

Doyle Brunsonのような伝説上のプレーヤーが話してくれたのは、ほとんどが1950年代のことです。 Doyleによると、当時はゲームが泥棒やまたは法の執行によって奪われることは珍しくありませんでした。 Doyleは、彼だけでなく彼の同胞の「road gambler」のSailor RobertsやAmarill Slim(他にも多くの)も、彼らが苦労して儲けた報酬を持ち去ろうとする泥棒を撃退するために武装していたことをしばしば話してくれました。紳士が話してくれたこれらのことが、50年前から今日に至るまで起こり続けていることには少なからず衝撃的でした。

それはまた、今日のホーム・ゲームでのセキュリティの重要性を示しています。 なぜ紳士たちはHickoryゲームを外の小屋でしていたのでしょうか?もし ゲームが、泥棒の標的になるぐらい大きかったならば、彼らはより安全なエリアとして家を選ぶべきでは無かったのでしょうか? むろん無実のポーカープレーヤーから強奪を試るような極悪人が家のドアを蹴破らないとは限りませんが、それでも家から離れている小屋よりはもう少し安全だったでしょう。

別の方向から考えると、どのように強盗は、このゲームが続いていたと知っていましたか? 誰かが、テーブルで多額を失った後に、窃盗のためにイーブンに戻した可能性はないでしょうか? うまくいけば、警察は彼らが続けていたポーカーゲームを分析するよりも強盗未遂を見るでしょう。 しかし、今のところ、PokerNewsはMr.Meritttの速い回復を望み、次回のホーム・ゲームが、母の日出来事の様な事が起きない様に願っています。

More Stories

どう思われますか?