ポーカーのワールドシリーズで勝つ(or負ける)方法

ポーカーのワールドシリーズで勝つ(or負ける)方法 0001

私は6月という月がポーカー本のための大きな月になるだろうということはわかっていた。6月末のWSOPの開催に合わせて、本の著者や出版社はこの大イベントが始まる前に、プレーヤーの手助けとなる土壇場の思考と戦略を売り出そうと町の本屋の棚へ殺到したようだ。Pat Walshの著書'How To Win The World Series Of Poker (Or Not)'「ポーカーのワールドシリーズで勝つ(or負ける)方法」はそういった本の一冊ではないが、あなたがぜひとも必要とするものを提供することで、ゲームをするのにきっと役立ってくれるだろう。それは軽はずみな瞬間と、ポーカーゲームで軽く笑うチャンスだ。

'How To Win The World Series Of Poker (Or Not)'「ポーカーのワールドシリーズで勝つ(or負ける)方法」(Penguin Publishingの子会社・Plume Booksより出版、書店及びAmazon.comにて13アメリカドル/17カナダドル)は、WSOPの1万ドルのチャンピオンシップイベントに勝ってポーカー界の頂点を極めようという、「馬鹿丸出し」だと自ら認めた彼自身の試みをつづったWalshの日記である。彼は地元カリフォルニア北部のカードルームを巡り、自分のゲームをレベルアップし、さらに彼の家族やとても個性的なキャラクター達との個人的なゲームワールドに逗留して読者を楽しませてくれる。これは、2005年ワールドシリーズ・チャンピオンシップへの参加、つまりポーカー界のオリンポス山を目指す道のりを行く旅なのだ。

Jim McManusによる独創的なポーカー本"Positively Fifth Street"に描かれた「陰」と比較すると、本書は「陽」であると言えるだろう。McManusの旅が2000年トーナメントの最終テーブルでの勝利で終わっているのに対して、Walshの旅は2005年のイベントで大した見どころもないままに終わる。しかしこの旅路でWalshは、カードの毎ターンでのほぼ「こうなるべくしてこうなった」という彼の思考回路を示しながら、表面的には彼の不安な心を和らげるジョークを飛ばしている。

本書で私が気に入ったのは、戦略だの図式だの手順のストーリーだのと言ったものが何もないという点だった。ただゆったりと座ってWalshと共に、ポーカーをやる人なら誰でも持つ夢を彼が達成しようとするのを見て笑ったというだけのことだった。時々ポーカーで欠けていると思うことの一つは、読者が純粋に笑ってこのゲームを楽しむちょっとした娯楽の瞬間である。この本でWalshがポーカーファンに提供してくれたのは、彼の努力を笑うというだけでなく、自分が同じ状況に置かれてきっと辛かっただろう時のことを思い出し、今それを笑うチャンスである。

少し期待はずれだったのは本の長さだった。(無関係な情報をクレジットに入れるという「裸の銃」という映画の伝統に従った用語集も含めて)たった147ページでも、おそらくは彼の戦いぶりをもっと長く見ることができたであろう。だがWalshは、彼の家系においては彼ではなくて彼の妻が潜在的なポーカープレーヤーだったと彼が気づくくだりも含めて、(途中、罵り言葉でふんだんにスパイスの効いた)彼の旅行についての多くの情報を詰め込んでいる。しかしもっと長い本なら、読者の中には注意持続時間が長引くことになった人もいたかも知れない。だからこの長さしかないというのはちょうど良いのかも知れない。この本は午後に気軽に読むことができて、ひとときを過ごすには確かに楽しい方法となるだろう。

How To Win The World Series Of Poker (Or Not)'「ポーカーのワールドシリーズで勝つ(or負ける)方法」はポーカーというゲームへの急進的な新しいアプローチを教えてくれはしないし、テーブルでの成功へと突然に「光を示す」こともしないだろう。けれどポーカーの世界でほとんど経験のない人がイベントで戦うという、挑戦と苦労を楽しむチャンスを与えてくれるだろう。我々が彼の旅を通して楽しみ、笑い、彼に同情する機会をくれたことで、Walshは賞賛されるべきだろう。この本は我々みんながポーカーを始めたばかりの頃に戻るために、読む価値が十分にあるのだ。そう、ゲームを楽しむ為に。

編集追記:WSOPで最後に勝った3人が今日Poker Starsに加わってプレーしましたが、それはなぜか、考えてみましょう

More Stories

どう思われますか?