WPTはフェーズ2のためにCyberArtsにソフトウェアチームを選びます

WPTはフェーズ2のためにCyberArtsにソフトウェアチームを選びます 0001

間違えなく、World Poker Tourはポーカーにおいてエリートブランドのひとつです。 2日後に、WPTEがオンラインポーカールーム、WPTOnlineをスタートして以来ちょうど1年になります。 1年の間、しばしばソフトウェアとプラットフォームに挑戦したが、WPTEは、未完成なオンラインポーカーサイトのソフトウェアの処理をサイバーアートに委託したことは今日発表した。

「私達はサイバーアートのソフトウェアの力を見ました: 「そのカスタマイズ可能なインタフェース、そしてグローバルな機能、および頑強なテクノロジープラットフォーム、スケーラブルな性質」と、WPTの創立者でCEOのSteve Lipscombは語り「私達は、サイバーアートが、私達のオンラインポーカーのために最も革新的な企業であり、インターネット上で注目されるゲームを提供するために私達に必要なツールを与えてくれると信じます。」

WPTはサイバーアートソフトウェアのグローバルな機能に大きな興味を持っています。 WPTEが、米国で公然と会社を売買したことがあるので、彼らは、サインアップを、米国の顧客(マーケティングをますます挑戦的な部屋にする)から取り去ることができません。

しかし、オンラインポーカーにおける実質成長はすべて米国外にあります。 WPTブランドは、海外でそれ自身に入りはじめていて、タイミング的にも、正しいようです。

‘WPT online.comを次のレベルに持って行くことができる製品を提供できることに本当に興奮しています’.Chris DeRossi(サイバーアートの共同設立者、およびCEO)は言っていました。 ‘'私たちはSoftwareを信じて、ポーカープレーヤーのWPTEのものに結びつけられた革新と委任に優れたゲームサイトを作成するでしょう'。

この動きはまた、WPTEのマーケティング、カスタマー・サービス、および他の場所で以前に処理されたオンラインゲームサイトの他の面を引き継ぐことを可能にします。

この2,3ヶ月でサイバーアートはソフトウェアの2番目の主要なライセンス契約をMansion Pokerと結びました。

WPTOnlineがここからどのような発展するかとても興味深いです。 サイバーアートソフトウェアはしっかりしているように見受けられます、ブランドは確かにそうです。 調整されたままいてください。

More Stories

どう思われますか?