米国下院は、インターネットゲーミングのBAN BILLをパスした

米国下院は、インターネットゲーミングのBAN BILLをパスした 0001

米国議会はインターネットゲーミングへの禁止令を提案する法案を昨日、通過しました。この法案は上院を動かし、そこでは、熱い議論が展開される事が予想されます。

The Internet Gambling Prohibition and Enforcement条例は、Virginiaの共和党員Bob Goodlatteと、Iowa の共和党員代表のJim Leachによって後援された。これにより、銀行の顧客取引を強制的にモニターする事が出来るでしょう。そして、ゲーミングカンパニーの'red flag'取引をリンクします。

Leach代表は、インターネットを「ギャンブラーの為のクラック コカイン。」と呼んでいます。1961年のWire条例を変更して、条例の中にインターネットギャンブルを含ませるよう変更するでしょう。

Howard Lederer(Poker Players Association(PPA)のProfessional Poker Player)が、PokerNews.comに語った。「私は、オンラインゲームを規制して、認可して、税をかけることへの分別があるアプローチが世界中の傾向であるように思えるが、今日、下院は方向を誤ったと思います。」「今年の上院では冷静に判断されるでしょう。」

下院Rep Porterは、多くのオンラインゲームを調べて、研究を始めました。常識のアプローチ?大規模な地球規模産業に税をかけて、規制する為に調べます。

この法律を制定する議会で残っているほんの数週間で、多くが、上院がこの複雑な問題を囲む問題の無数を決議することを疑います。2007年にこのセッションの時に可決されなかった法案を再紹介しなければならないでしょう。

More Stories

どう思われますか?