What’s The Deal ? WSOPディーラーの驚きの条件― 何人かが去りました。

What’s The Deal ? WSOPディーラーの驚きの条件― 何人かが去りました。 0001

怒っている多くのディーラーの言うことを聞くためにディーラーテントの中で私は今日最初の時間を使いました。 意見をまとめると、彼らはだまされ、一般にそれらの雇用者によって軽蔑されました。プレーヤーのために、 2,500ドルのShort-Hands NLHEイベント(#21)を「technical diffculties」ということでスタートを延期したのは疑わしい; それらの難題は、少なくとも、今朝仕事をやめていった40から60人のディーラーでした。私がディーラーの話を聞きながらそこに座った時には、ますます多くのディーラーが家に電話し、ドアに向かっていきました。

複数のディーラーの調査の後に、以下の情報が正確なようです。 ディーラーたちによると、彼らは、WSOPの最初の週である特定の量のチェックを得ました、しかし彼らが言われたこの最初のチェックは1回の出来事からtokesを含んでいただけです、これは単なるCasino Employeeイベント(#1)でした。 彼らが昨晩得た時給は最初の週に得ものより少ないものでした。 さらに、それらは、最初のチェックだけでなく、4つのイベントを含んだと言われました。 ディーラーたちが先週話されていたら、その時は、「WALKOUT」をしていたでしょう。

ディーラーテントの中はほとんどが大規模なストライキのはなしで持ちきりでしたが、OHIOのディーラーは言いました:

「私は3人の赤ん坊を食べさせなくてはなりません。だから抗議はできません。」

ディーラーたちは、チェックを比較してみて、それらのチェックの額面が違うことに気がつきました。 同じ時間とシフトを持つディーラーは違う支給額を受け取っていました。

私が何度も何度も繰り返し2つのステートメントについて聞いた所、今朝すべてのディーラーのためのミーティングが開かれました。 第一に、チェックはチェックであり、時間は時間であり、それがそうなのです。 第二に、numbersを監査されて、2人の夜勤ディーラーが計算に参加していて、しかし、それらのディーラーの名前は発表されませんでした。

結局、正午のトーナメントが始まった時に、何人かのディーラーが私に、テーブルでこの問題についてどのプレーヤーとも議論しないように命じられたと言いました。 私は、「technical difficulties」についてプレーヤーの質問に答える部屋を通るまでに3回止められました。 私は、50,000ドルのHORSEイベントの再スタートが、プレーヤーコメントにおいて、そしてHORSEイベントを作る線全5つのゲームを分配するという資格を与えられたディーラーの不足において至らせるであろうかを想像することができるだけです。 しかし、ここで優秀なフロアスタッフを知って、私達が見る残りのシリーズと、このビッグイベントのためのディーラーがいるでしょう。

この状況をGary Thompson(WSOPの広報ディレクター)に尋ねてみました。

「私は、今年のcompensation packageについては、ディーラーのほうで、認識不足があると思います」。

「実際にメインイベントを除いたすべてのイベントで、私達は昨年の2.0%に対し賞金の2.5%を(ディーラーのため)に取っています。」 「HORSEとメインイベントに関しては昨年は賞金の1.4%でしたが今回は1.5%を取っていて、賞金もより高額です。」

どちらが真実か、しかし多くのディーラーが言うには、たとえ一日の大半をブルペンで過ごしたり、ただ単純にフロアーで出番を待っていたり、それがRIOのディーラーではなくても、poolはすべてのディーラーに分けられました。

「ひとつ懸念はあるとすれば、何人かのディーラーは時間給で支払われているのに対しダウン{テーブルで実際にカードを配る交替制}で支払われている者もいることです。」とThompsonが示しました。

これを修正するために、メインルームで4pmより方針の変更について説明されます。そして、スッタフ全員で分けるのではなく、‘DOWN’(シフト)で支払われます。去れたことを述べている4pmごろに、主要な部屋に発表があり、ディーラーは実際スタッフ全員の間で分割されるというよりも{勤められた}‘下り’{シフト}において支払われるでしょう。 部屋から歓声を得ました。

「私が知っている限り、今日仕事の予定のあった全員が仕事に来ていると報告を受けました。」とThompsonは付け加えました。

ディーラーテントの中にははっきりとHarrahのから来た今朝とはまったく違っています。

この話の続きは、PokerNews.comが、どのように状況にアドレスするかを今夜8pmに開かれる「Dealer Only」で確かめたいと思います。

これは、奥の部屋から重役会へ行こうとしているイベントのために、一連の産みの苦しみでこれまでとはまた別です。封筒から連夜、現金を取り出すディーラーの時代は終わっています。 Harrahはビジネスとこの大きなイベントそのものがどのように進むのかをわかろうとしています、そして、私は若干のHarrahが当局(時々運ぶ挑戦)が同意すると仮定します – 特にほとんど今年ahの役員が合意するであろうと仮定するイベントを実行するか、今年とても特に時々?を動かす挑戦を外の数値に試しています。昨年はHarrahの所有権の初年度でした、そして、ある過渡期は想定されるでしょう 昨年はHarrahの所有権の最初の年であり、一定の過渡期は仮定されるでしょう。ちょうどほとんどが過渡期が始まると思ったようで、昨年で終わりました。はっきりとケースではありません。

関係者は、ストライキから法的措置のすべてについてのアドバイスを多くのディーラーから求められていることを私に話しました。何がこの物語に起きているのかをこのまま見ていてください。

More Stories

どう思われますか?