WSOP Updates – GavinとBillは、Doyleからレッスンを受けます。

WSOP Updates – GavinとBillは、Doyleからレッスンを受けます。 0001

スーパーシステムは、伝説的なDoyle Brunsonが書きました:

「big potが現れるたびに、私はいつも最悪なhandばかりなのに、ラッキーなプレーヤーに見えるようです。」

私が最初にこれを読んだ時に、自分がまったく無知だったと知りました。Doyleの言いたいことが理解できず、全くポーカーを理解していませんでした。 1年以上経ち、私に準備ができたときに、再度、スーパーシステムを読み返しました。 私が二回目のこのステートメントに直面し、驚きました。私が知らなかったのか、たぶん、私が全く用意できていないのか、私はflush drawの時raiseを追いました。

幸運にも、私は一人でありません。Bill Edlerは私に、先日、Doyle Brunsonからのこの精密なlineが、永久に彼のゲームを変えたと言いました。 まだ私のゲームに対する望みがあり、彼が始めてこれを読んだ時に、彼の考えをすべて話してくれました。:

「何か?」

そして二回目:

「何か?」 「ドイル?」

そして三回目:

「おかしいですか?」

しかし、四回目の途中で、Doyleismsは少なくともそれに値することを得ました!

約1年後、Billはこの話をGavin Smithに話し、聞いたGavinが言うには:

「私も!」 「同感だが、私は3回読んだだけでそのことを得ました。」 [Gavinはいつも学習の速い人物でした。]

ポーカーレッスンパート2はもう少し難しく、 あなたは、まったく違う ゲーム戦略を実施する必要があります。 その時に、なぜ世界有数のプレーヤーたちは敗者でありながらもチップを手に入れられるかを”理解”するしょう。 私はBill&Gavinの戦略についてDoyleに話したところ、彼は言いました:

「ああ、それは事実で、私がそれを書いた時も、それは事実で、それは今日でも事実です。」

私はDoyleのすべてのレッスンを受けるでしょう、けれどそれはSuperSystemから2,3冊の読書をしなければ本当の意味で学ぶことはできないことを覚えていてください。

「big potが現れるたびに、私はいつも最悪なhandばかりなのに、ラッキーなプレーヤーに見えるようです。それには理由があります。 私は非常に攻撃的なプレーヤーです。 私は手を伸ばし、いつも小さなpotを取っています。 私は、いつもそういったpotsに賭けて、打ち続けています。 私は、誰にも、邪魔されたくありません。 誰にも、私のプレイスタイルを壊してほしくないのです。 そして、私がどのようなhandでも、どのようなdrowであっても、私は賭けます。 私はraiseされても、逃げません。それがpotを勝ち取るために最悪なhandで負けることが分かっていても、もしそれが妥当なamountなら、私は進んで私のすべてのお金をpotに入れるでしょう。」

「たぶん、今のあなたなら、始めに私が何を説明したかたのかがよりはっきりとわかることでしょう。 Big potがきた時に、私はいつも最悪なhandでした。 弱いプレーヤーは最終的にバカを見ます…と、それは、私が通常big potの中で見ているものです。 しかし、私は、獲得した他の全てのpotで、すでにそのbig potをpayしています。 従って、私はすべてのそれによって弱いプレーヤーのお金(そしてゲームにおける他のすべての弱いプレーヤーのお金)をfreerollingしています。」

More Stories

どう思われますか?