The History of Poker ポーカー最初の伝説 Wild Bill Hickok

The History of Poker ポーカー最初の伝説 Wild Bill Hickok 0001

Wild Bill Hickokは、ポーカープレーヤーとして以上に、エースと8の黒いカードすべてから成る有名な‘Dean Man’s Hand’を考案した人物として知られています。

Wild Bill HickokはIllinoisのTroy Groveと言う小さな農業の町で1837年5月27日に生まれました。 彼はJames Butler Hickokと名付けられて、その後の彼は、1865年、David Tuttを殺した時に、ガンマンとしての知識と猛烈さのために、「Wild Bill」と呼ばれるようになりました。これは、彼の評判がガンマンとギャンブラーとして始まったところです− David Tuffとの論争の理由はポーカーでした。

1855年まで彼は父親の農場を手伝っていたが、彼が18になった時の、 最初の仕事はOregon Santa Feのステージラインのドライバーでした。その 2年後の、1857年には、早期退職を想像して、彼はKansasで160エーカーの土地を手に入れました。 彼がKannsasの保安官として任命された時に、彼は、落ち着くことを考えました。

1861年に彼は保安官としてNebraskaに行きました。 そこで、彼はひとりで無法者たちを捕らえたことで初めて名声を得ました。 この銃撃戦での彼の猛烈さが‘Wild Bill’のニックネームをもたらしたと信じられます。「Wild Bill」の名は後に、George Ward Nichols(一時の間彼をつけ回し、彼の功績に基づいたアドベンチャーブックを書いたジャーナリスト)の一連の本を通して彼を一般大衆にいとしく思わせることになっていました。書物の多くは現実とかけ離れているかもしれません;彼のライフタイムだけでなく、世紀を超えて、ポーカーの伝説として歴史にWild Bill Hickokを伝説をのこしました。

1871年には、Wild Bill HickokはAbileneの司令官になりました。 彼の月の月給は、150ドルで決して悪くはありませんでした、それに彼が野良犬を撃つと50セント上乗せされました。彼はギャンブルにのめりこみ、まじめに仕事をしなかったために役職を解かれてしまいました。 それは、彼のキャリアを変更するよい時間に思えたので、DakotaのCalamity JaneとJohn Wesleyと協力し、1872年と1873年にBuffalo Bill Codyのワイルド・ウェスト・ショーに加入しました。

彼の深酒のために、バッファロービルは、Wild Billを強制的に解雇しました。Deadwoodは、Keith Carradine の描くWild Bill Hickokと共に人気のHBOシリーズになりました。 、彼が彼のツーペアに加えたカードについては多くの論争があります。 その描かれている場面は彼の多くのテレビシリーズやショーのほんの1場面に過ぎません。 Deadwoodシリーズにおいて、彼が撃たれた時に、彼は8とエースのペアーとともに5番目のカードとしてダイヤモンドの9を持っていたとHickokは示します。 サウスダコタのDeadwoodの町でも、ダイヤモンドの9つを保持しているとHickokを表示します。Ken Kesey’の小説(「One Flew Over the Cuckoo's Nest」)中に、McMurphyは「Dead Man’s Hand」の入れ墨を入れています。 実のところ5番目のカードは未知です(それは、5番目のカードが配られる前またはことによると、彼がカードを処分し、その場所でまだ別のカードを受け取る前に彼の死に遭遇し、Wild Billのためいくらかの誇張があったのかもしれません。) 、伝説と混乱は続いています。

彼の死についての多くの記事の中で、彼は、1876年8月2日、インドのダコタ領域の一部のNuttall&Mann’s Saloonでポーカーをしていたことは一致しています。あいにく、壁を背にできるコーナーが空いていなかった為(後ろからの奇襲から自身を守るために、彼は一貫して座りました)プレイしたかった彼は、今回に限って、ドアに背を向けて座ることにしました。 Jack Mccall後ろに回り、彼の頭をダブルアクション.45口径リボルバーで撃ちました。これは彼の重要な誤りでした。 HickokはたぶんMccallの兄弟を殺したのでしょう。 彼のトライアルの間にMccallは、兄弟の死に復讐したと主張しました; それゆえ、彼はDeadwoodでの陪審で有罪と判決されませんでした。

しかしそこでは終わりませんでした。 Jack McCallが別の町のバーで飲んでいるときに、Wild Bill Hickokを殺したことを自慢しているところを聞かれ、再び逮捕されました。Deadwoodとしてのダブル・ジョパディーであることは考えられなかったので、再審は保持されました。その結果、それが不法に決着をつけられたインディアンの領土であったのは法的な町であると考えられました。サウスダコタのヤンクトンは、アメリカ領になったので再審はヤンクトンで行なわれました。 2回目の審議の中で、McCallには全く兄弟がいなかったことがわかりました。 有罪は迅速に判決されて、打たれたWild Bill Hickokのために絞首刑に処されました。 彼の死の理由ついて多くの記事が書かれたが、それは、   McCallが、泥酔の状態で、彼が前の日にポーカーですべてのお金をなくした後に朝食を購入するために、Hickokが少しのお金を彼に提供した時に見下されたと思った彼が逆上したとも噂されています。

Saloonの所有者は、彼が死の時に、真っ黒な8とエースのペアーのカードを持っていた主張しました。 それ以来、用語、「Dead Man’s Hand」が作られました。 大きな手を握っていたWild Bill Hickokは、その時勝利を確信していたことでしょう、しかしその勝利の感覚は、とても短命でした。

More Stories

どう思われますか?