WSOP Updates - 2つの伝説(Brunson & Hellmuth)1B DAYに出場

WSOP Updates - 2つの伝説(Brunson & Hellmuth)1B DAYに出場 0001

騒々しく、そしてクリアなベルのように、ドイルは‘floor!’と叫びました。 Doyle Brunson 10回ものWSOP Braceletを獲得した近代史で最もよいポーカープレーヤーが、たった今、莫大なポットを失ったところでした。 彼は50/100Blindsのレベル3に3000未満のチッップを積み重ねられたままにされています。 プレーヤーは賭けて、他の者がオールインをすれば、Brunsonもオールインで行き、オリジナルのraiserが降りました。 Brunsonはraiserをカバーし、高額なチップを受け取るはずでしたが、不幸にも最後にディーラーが計算を間違えた為に彼のチップはわずかなものとなりました。

ドイルは、状況をfloormanに説明し始めした。 彼の年齢にもかかわらず、Doyleの精神は鋭く 彼は異様な緻密さによって計算機のように賭けを暗唱します。再度確認を取るのに時間がかかるために仲間と食事に行きました。結局、Brunsonの数字と同じ結果になりました。 floorpersonは、「Doyle、私達はすでに次のdealを始めてしまっている以上は、何もしてあげられません。」を説明します。

Doyleは混乱しているけれども、彼は、決定について議論しようとはしませんでした。

「私は、納得できません。」と彼はテキサス訛りでゆっくりと言いました。“しかし、私になにができますか?” 彼は、頭を振りながら、彼がトーナメントに戻るチャンスがあるならば、克服しなければならないもうひとつの障害があります。 部屋の誰もが、この問題についてDoyleの味方でしたので、テーブルの気分は暗くなります。

Brunsonのチップを取ったプレーヤーはひどいと感じています; すべての聴衆メンバーは、レール上にある彼のスタックとそれ以外のチップに集中しています。 彼は、Doyleに謝りはじめます。

突然、Doyleが明るく振舞い、トレードマークの笑みが飛び出ます。 「問題ありません。心配することはありません。」 よいコールをしました。 「別にあなたの過ちではありません。」 プレーヤーは救われた嘆息を発し、テーブルに再集中します。

DoyleはShort Stackで戦い、最終的に夕食の休憩を取り、レベル4に入る前に結局破産しました。彼が席を立つに二度目のStanding ovationsを受けました。

コンテストにおいて、その日の早くに、Phil HellmuthはESPNテーブルから取り除かれました。 「私は、私のhandの組み合わせが信じられません。」と彼のお気に入りのトレードマークの‘Hellmuthisms’の多くを与えた後に、去年と同じhandで敗れました。彼のA-Qが、ポケット7に対して改善することに失敗しました。 Phil Hellmuthはたった今スピーカーの上で失格になったことを発表され、群衆が嵐のような拍手と笑いが続きその賛成を大声で言っています。

Bracelet数において、彼らは10個で止めておきたいのかも知れませんが、ポーカーコミュニティの見るところでは2-1でDoyleがまだまだ勝っていることは明白です。

More Stories

どう思われますか?