European Poker Tour 残り13名

European Poker Tour 残り13名 0001

European Poker Tour(EPT)バルセロナオープン、最終日、13名のプレイヤーが午後3時30分に会場に集った。3日目を迎え、深夜に及ぶ長いプレイ、プレイヤーの疲れもピークに達していることだろう。既に、最低でも20,750ユーロの獲得は確定している。問題は、一体誰が優勝の691,000ユーロ(1億円)を持ち帰るのか?ということだ。

前夜のチップカウント数は以下で最終日がスタートした。

Jeffrey Lisandro 1,002,300

Bjorn Erik Glenne 955,400

Phil Ivey 827,800

David Daneshgar 397,100

David Gregory 245,800

Joakim Geigert 331,100

David Layani 218,600

Noah Boeken 190,600

Teemu Lahtinen 166,400

Robin Keston 152,200

Kristian Ulriksen 130,200

Jonathan Dull 113,000

Gusten Sjoberg 74,600

最終日のアクションは、AQを手にしたショートスタックGusten Sjobergのオールインから始まった。チップ量Sjobergの5倍以上あったDavid DaneshgarがKQでこれをコール。両者ショーダウン、Daneshgarはスマイルで一言、"ナイスハンド"。しかし、フロップでKが落ち、ターンでもKが落ちた。SjobergはKのスリーカードで終了し、受付で13位の賞金をもらっていた。

次の終了者は、ポーカーニュースチームのメンバー、Noah Boekenだった。フランス人プレイヤー、David Layaniと両者ブラインドで打ち合い、オールインでぶつかったり、そのまま敗れ12位となった。

Boekenに競り勝ったDavid Layaniだが、先は長くなかった。AQで迎えたフロップには、6が二枚出ていた。6ヒットは誰もいないと判断し、オールイン。それをPhil Iveyがコールした。結果は、ダイヤのフラッシュだったが、Iveyは6、7ダイヤと、6もしっかり持っていた。そして、LayaniのEPTは11位で終了した。

10位となり、テレビ放送の決勝テーブルを逃したTeemu Lahtinen。アクションするタイミングをじっと待ち続けた彼は、ビッグブラインドで皆が降りたとき、K,3で動いた。対決したのは、Bjorn Erik Glenneだ。ショーダウンでBjornはA,10。勝負はターンでAが落ちて決まった。

決勝テーブルが確定したところで、シートシャッフルが再び行われた。当初、決勝テーブルは8名の予定だったが、変更で9名からとなり、テレビ撮影も行われた。

決勝テーブル開始時点でのチップカウントは以下のとおり。

Seat 1 - David Gregory (U.K.) - 550,000

Seat 2 - Kristian Ulriksen (Norway) - 116,000

Seat 3 - Jonathan Dull (US) - 79,000

Seat 4 - Phil Ivey (US) - 1,323,000

Seat 5 - Bjorn-Erik Glenne (Norway) - 1,209,000

Seat 6 - Robin Keston (U.K.) - 81,000

Seat 7 - Jeff Lisandro (Italy) 888,000

Seat 8 - Joakim Geigert (Sweden) - 268,000

Seat 9 - David Daneshgar (US) - 275,000

※決勝テーブルの模様は、次のニュース、"決勝テーブル"をご覧ください。

More Stories

どう思われますか?