ポーカー最新書籍がおもしろい

ポーカー最新書籍がおもしろい 0001

今日、出版されているポーカー関連書籍では、その心理、戦略までほとんどがカバーされているといって良いだろう。しかし、あえてBrant Janeway氏の最新書籍"Drawing Dead To A Gutshot"をここでは紹介したい。

この本では、A-Aをアンダーザガンで持ったときにどうアクションするかなど具体的な戦略はもちろんのこと、ポーカー独特の言い回しや、表現を大胆に盛り込んでいるところがおもしろい。

160ページからなるこの本の中で、スペードとクラブの4(フォー)ポケットを"ダースベーダー(真っ黒、フォース)"と呼び、4のスリーカードを"グランドジュリー"などと文字っておもしろく綴っていたところが個人的には気に入っている。

ポーカーの世界には10-2が"Doyle Brunsonハンド"と呼ばれたりするものがある。ダースベーダーやグランドジュリーなどは実際にポーカーテーブル上で使われるているのだろうか?初めて聞く呼び名だっただけに、これらの呼び名がどこから出てきたのか興味深い。

ポーカーをありとあらゆる視点から捉えるBrant Janeway氏を知るには、この"Drawing Dead To A Gutshot"から読み始めることをお勧めする。その内容はユーモア溢れ、書いてあることを話題に出せば、プレイ中にテーブルで笑いが起こる和やかムードになることは間違いないだろう。

More Stories

どう思われますか?