自由の国アメリカ、オンラインポーカーができなくなる!?

自由の国アメリカ、オンラインポーカーができなくなる!? 0001

 つい先日、来年1月よりイタリアがオンラインギャンブル解禁になる。という業界にとって明るいニュースが報じられたが、今度は業界を震撼させるニュースが飛び込んだ。

先日、アメリカでヨーロッパ系のビジネスマンが、オンラインギャンブルの違法行為で逮捕されたことを受けてか、イギリスのスポーツブック大手William Hillは、今後アメリカからの入金を受け付けない方針を発表した。もうひとつの大手Ladbrokesは元来アメリカから入金を受けつけていなかったため、これ自体はさほど驚くべきことではなかった。

驚いたのは、アメリカ、テネシー州のBill First上院議員によって、議会にオンラインギャンブルを禁止する法案が提出されたことだ。

法案によると、アメリカの銀行は、預金者のお金がオンラインギャンブル各社へ流れないようにその取引が全て監視下に置かれることになる。

これにより、入金、出金の決済業務を請け負うネッテラーやFirepayといった企業にとっては、計り知れない打撃となることは間違いなさそうだ。アメリカ人が海外に持つ口座がどのような扱いになるかどうかは、現時点では何とも言えない。

ひとつ明らかなことは、今朝、プレスルームに入ると、このニュースを受けてかイギリスのオンラインギャンブル各社の株が暴落していたことだ。当ニュース、今後もその動向に注視していきたい。

メモ:

日本のプレイヤーは、このニュースに関係なく、安心してオンラインポーカーが楽しめます。BodogPokerをダウンロード、入金して、10%のボーナスを獲得しよう!

More Stories

どう思われますか?