Raymer強奪未遂犯、新展開で釈放

Raymer強奪未遂犯、新展開で釈放 0001

ポーカーを取り巻く話題として、2004年WSOPメインイベントのチャンピオン、Greg 'Fossilman' Raymer が経験した強盗未遂事件がある。2004年に起きたこの事件、Raymerは滞在したBellagioホテルの部屋の外で2人の男に襲撃された。幸い本人が撃退し未遂に終わりことなきを得た。そして、先日発行されたLas Vegas Review-Journalによると、犯人の1人が釈放されるという。これは、最近注目を浴びているラスベガスの殺人事件と関わりがあっての結果である。

ポーカーファンは強盗未遂犯CassimとKevin R.Joyに立ち向かったRaymerの事件に興味をそそられた。2人はRaymerに銃を突きつけながら彼の所持金約150,000ドル(約2,000万円)を奪えなかった。のちにカジノの防犯カメラのテープから2人の身元が判明したが、半年もの間逃走を続けていた。匿名希望の通報により2005年5月、サンディエゴ周辺のガンショーでおもちゃのヘリコプターを売っているところを発見され逮捕されたのだった。

最終的に、銃を突きつけたCassimは今年3月の強盗未遂の罪で3年から12年の刑を言い渡された。そんな厳しい現実がCassimに向けられた時、彼が有名ボディービルダー夫妻Craig TitusとKelly Ryanの殺人事件に関して有益な情報を持っているという情報を当局が入手したのだった。TitusとRyanは彼らのアシスタントMelissa Jamesの残忍な殺害の容疑をかけられていた。昨年12月、ネバダ砂漠でRyanの焼けたジャガーのトランクに布かワイヤーなどで首を絞めた跡が残ったMelissaの遺体が発見された事件だ。

事件は未解決で、少なくとも数冊の出版本で題材にされるほどである。Cassimは刑務所の中で当局に次のことを話した。 ― Titusの知人から雇われ殺人の話を持ちかけられた。TitusとRyanを目撃した可能性のある元友人や知り合いの3人の始末。Anthony GrossとMegan Pierson FoleyとJeremy Foleyの3人だ。 ― この話が現実性を帯びた。当局は、Cassimにマイクを着け、Titusの知人Nelson Brady Jr.との暗号化した会話を録音させた。Brady Jr.は今殺人斡旋の罪に問われている。

Cassimの釈放はゆがんだ事件の最新の発展に過ぎない。1998年のTed Binionのようなポーカー界の奇怪な殺人事件に匹敵する運命に見える。Titus事件が何らかの理由によって未解決であってもポーカー界とは関わりがないといいのだが。

メモ:

Greg 'Fossilman' Raymerから合法的に奪うのはPoker Starsからどうぞ!

More Stories

どう思われますか?