Harrah、買収案受諾

Harrah、買収案受諾 0001

Harrah's Entertainmentは、先日、想定負債額107億ドルを含む計278億ドルで、2つの非公開投資会社、Apollo ManagementとTexas Pacific Group(以下、TPG)によって買い占め入札の受け入れをついに発表した。歴史上最大の買収の一つとなった。取引の一部として、株主は1株当たり90ドルを受け取ることになる。Harrah's は10月2日に2社から1株当たり81ドルのオファーを受領したことを認めた。

HarrahのCEO Gary Lovemanは「ApolloとTPGには、Harrah'sに対するビジョンを共有するオーナーたちがいて、そして我々の現在の戦略を十分支持し、達成のため援助することも彼らは約束した。これはオーナーシップの移行であり、方向性の変更はない。社が成長と発展の次の段階へ進むとともに、Harrah'sの経営陣と85,000人の優秀な従業員はアポロとTPGで働くことを楽しみにしている。」と語った。

この結果に至るまで、Harrahは10月2日の買収に関して公式声明を出さなかった。しかし、この2ヵ月にわたる様々な情勢が今回の結果に貢献した。 10月11日、Apollo ManagementとTPGがちょうど1株当たり83ドル強に彼らの入札を上げたという未確認の報告があった。そして、11月28日には、Penn Gamingとヘッジファンド経営者D.E.Shawが、Harrah's共同入札を検討しているという報道がなされた。 さらに12月10日、ウォールストリートジャーナルはHarrah'sが申し込みの最終期限を12月12日に設定していて、売買よりも社内借入資金増強のオプションを考慮していると報じた。こうしたHarrahの運命に関わる長期のプロセスは、ある投資家をイラつかせた。

Harrah's の特別委員会が12月13日に審議を開始したとき、彼らには検討余地のある申し込みやオプションが多くあった。非公開投資会社とPenn Gamingの両社ともに1株当たり87ドルの入札で介入したと報告された。非公開投資会社のオファーは、まず最初に、Harrahの経営構造をそのままにし、全て現金取引であるという報告がされた。Penn Gamingの申し込みは、実質的な負債と不確定の経営構造で、Harrah'sとPennの株式を一体化し、大部分は現金取引になると報じられた。そして、Harrah'sは内部資本修正をも検討する一方、この案が有力と考えるものは少なかった。ほとんどは、これは入札の値をもっと高く設定する戦術であった。会議は2日間の予定であったが1週間にまで延長され、非公開投資会社からの"甘い"オファー受け入れで終了した。

プレスリリースは、取引が完了するにはおよそ1年かかることが見込まれており、株主承認、調整承認などが必要となる。

Harrah's の株は話題の取引のため月曜日は高めに取引されたが、82ドル-85ドルの価格幅に落ちつくことになりそうだ。結果的に1年のうちでより良い時期に取引がなされ、株価はその時期的要因を反映するだろう。Pennの投資家がHarrah's Goliathの危険な買収から解放というニュースで、Penn Gaming株もまた上昇した。

Harrah'sは、ネバダ州リノの小さなビンゴパーラーとして、1937年に設立された。今日、Harrah'sは全国的に39のカジノを所有し、94 億ドルの歳入がある。最も近い競合相手は、歳入74億ドルのMGM Mirage。Harrah'sは1971年にアメリカ株式取引所で上場した。それは、1973年にニューヨーク株式取引所でリストされる最初のカジノ株となった。 2004年、Harrah'sはBinion's Horseshoeを買収、WSOPの権利を保有する一方、プロパティを再び売った。

More Stories

どう思われますか?