EUが米国UIGEAを批判

EUが米国UIGEAを批判 0001

先日報じたWTO(世界貿易機関)による対米国決議の審理発表。今のところ、オンラインポーカーに関して十分な時間が割かれていないものの、EUの高級官僚の表明では、米国のUIGEA(オンラインギャンブル禁止法)は国際的な批判に遭うことだろうとされている。

EUインターナショナルマーケット理事Charlie McCreevyは、1月30日に、最近の米国の動向について、すでに交わされた協定を違反するとして米国の保護貿易主義を示唆するコメントを発表した。ブリュッセルのヨーロッパ議会でMcCreevyは以下のように述べている。"私には制限的慣行に見えるし、我々は再度議論が必要だ。"

EU数カ国内での議論の余地を認め、EU内でのオンラインギャンブルを含む"調和の取れた制定法"の可能性を除外し、代わりにMcCreevyは米国の動向の原点にフォーカスした。オンランドの米国のカジノブームを示唆しながら、"自国の産業を守る為に、事実上外国人による米国へのオンライン上の賭けを回避したということだ"と述べ、UIGEAの保護貿易主義さを言及した。

McCreevyはEU貿易理事Peter Mandelsonとこの問題を取り上げるよう側近に依頼したと伝えられた。しかし、直接的対話は実現しなかった。McCreevyは過去に同様の取引制限の問題に関してEU加盟国に対し法的手段を採ったことがある。しかしながら、アンティグアの一件が取り上げられたとき、McCreevyは新しいWTOの申し立ては、WTOのプロセスが部分的に慎重であることから"主要な契機"になるような争点ではないとしている。米国とEUの閣僚間での貿易交渉に影響を与えるとすれば、3月に予定されている米国側代表との会談でMcCreevyの提案によってこの議題が取り上げられ可能性はある。

More Stories

どう思われますか?