欧州委員会が加盟国に対し勧告書発行

欧州委員会が加盟国に対し勧告書発行 0001

EU加盟国のオンラインギャンブルに対する保護貿易主義的法案や制約がEUに問題視され続けている。欧州委員会は、すでにEU加盟国の認可を持つオンラインギャンブル企業の権利を制限または侵害するような方針をとっている、少なくともフィンランド、ハンガリー、デンマークの3カ国に対し"筋の通ったオプション"を発行した。

スウェーデンもまた、この件に関しては正式発表の中では言及されていないものの、ある程度の勧告はされる見込みである。フランス、オーストラリア、ドイツの3カ国に対してもまた、この事態の早い段階で正式文書が送られている。欧州裁判所で取り上げられるのも時間の問題だろう。

発表により、EU加盟国のほとんどがEU協定で明記されている自由貿易条款を確認するよう圧力をかけられている。自国運営のギャンブル独占は法の例外ではないのだが、多くの国がそうしたがっているのは明らかである。

EUは特に"スポーツベットサービス"が侵害されていると問題視しているのだが、これらのサービスとポーカールームオファー間の関わりが深いことから、EUの訴状の所見がオンラインポーカー界には非常に重要なものになることは言うまでもないだろう。

More Stories

どう思われますか?