"BG00D2me"、シリーズ1のPoker Pro For A Yearへ

"BG00D2me"、シリーズ1のPoker Pro For A Yearへ 0001

Poker Pro For A Yearのシリーズ1で、ドイツ人プレーヤー"BG00D2me"(実名:Ilya Smid)が見事優勝を飾った。残るシリーズはあと5シーズン。

Poker Pro For A YearはPokernewsとPacific Pokerの初企画で、年間を6シーズンに分けリーグ戦を戦う。それぞれのリーグ勝者は年末に行われるファイナルテーブルへ駒を進め、優勝者は08年、プロプレーヤーとして世界メジャー大会(WSOP、EPT、WPT、Aussie Million)への参加を約束されるものだ。参加はいたって簡単で、参加費もフリーロールや$5バイインなど優勝特典とのオッズはかなり良いものとなっている。

シリーズ1では、42名のプレーヤーがEPTドルトムント大会への賞金パッケージ($8,500に旅費滞在費などが含まれる)をかけて争った。1位は賞金パッケージだけでなく12,000ポイントも獲得。2位は9,000ポイント、3位は5,000ポイント、他のプレーヤーも2,000ポイントがそれぞれ与えられる。シリーズ2では、優勝者にWPTパリ大会への賞金パッケージ$15,000が進呈される。

見事にシリーズ1を勝ち抜いたIlya Smidは、ファイナルへのシート権を獲得した。ファイナルの開催場所はまだ秘密とされているが、その模様はPokernewsでウェブ中継される。

リーグへの参加には、Pokernewsの指定リンクからPacific Pokerをダウンロードし新規アカウントを作成する必要がある。また、賞金、賞品獲得の年齢は21歳以上となっている。

各シリーズのファイナルテーブルは10名。48週間を8週間に区切り6週間のリーグが計6回行われる。プレーするとポイントが貯まることから、リーグへの参加はより早く参戦することをお勧めする。

各シリーズでは、低額バイインのトーナメント、$500フリーロール1回、グローバルフリーロールが行われる。グローバルフリーロールの勝者は、WSOPやWPT、EPT、Aussie Millionの世界メジャー大会のどれかへの参加パッケージが進呈される。(旅費滞在費のみが含まれる)

通算のTOP100位の順位は"オーバーオール リーダーボード"として管理されている。その100名で争われるフリーロールトーナメントで優勝すると、WSOP、EPT、WPT、Aussie Millionらのメインイベントへのスポンサー出場が確定する。2位はメジャー大会1つにスポンサー出場、3位は賞金額がこれらイベントと同等のモノに出場できる。

さぁシリーズ2も始まったばかり、この機会を見逃すな!

以下はシリーズ2の予定。

3月3日 - シリーズ2 ラウンド1 - $10+1

3月10日 - シリーズ2 ラウンド2 - $10+1

3月17日 - シリーズ2 ラウンド3 - $10+1

3月24日 - シリーズ2 ラウンド4 - $10+1

3月28日 - シリーズ2 ラウンド5 - $500 フリーロール

3月31日 - シリーズ2 ラウンド6 - $10+1

4月7日 - シリーズ2 ラウンド7 - $15,000 グローバルフリーロール - WPTグランプリ パリ

4月14日 - シリーズ2 ラウンド8 - $10+1

4月21日 - シリーズ2 ラウンド9 - $10+1

4月25日 - シリーズ2 ファイナル

Poker Pro For A Yearのシリーズはまだ5つある。詳しくはリーグホームページからPoker Pro For A Year

More Stories

どう思われますか?