英、ギャンブル広告規制緩和

英、ギャンブル広告規制緩和 0001

先日、英の適正広告委員会と適正広告放送委員会がギャンブルに関する新しい広告基準を発表した。英においてギャンブルが広く支持されていることを明らかに示す基準となった。

今年2007年の9月に施行予定のこの新しいギャンブル広告基準の制定により、ファンにとっては良い方向に進んでいる。米や仏などの国々ではオンラインギャンブルやその広告に対し、厳しい態度を取り、市民やビジネスには痛手となっている。そのような大事な趣味を取り上げられた人がいる中、一方で英のギャンブラーは自由に楽しめている。

広告に関する新基準は簡素化された。以下、禁止事項となっている。

-社会的に無責任な行動をとるようになったり、経済的、社会的、精神的に害を与えたりするようなギャンブルの容認または奨励

-ギャンブルによって経済的問題や借金を解決できるという提言

-ギャンブルによって魅力や性的サクセスが増すという提言

ギャンブルと若者文化を結びつけたり未成年をギャンブルに引き込もうとする行為

2007年9月、2005ゲームに関する法令が施行される。上記で示した禁止事項はあるものの、広告主は更に自由に製品を宣伝できるようになる。

CAPとBCAPの主事Roger Wisbeyはこう述べている。 「ギャンブルに関する規制の変更は英における賭けやゲームの広告方法に意義深い節目になる。

広告主がメディアを通してサービスの宣伝が自由になる一方で、市民は社会的責任のある態度で広告全てがしっかりとした体制の中で作られ放送されていることを信用できる。」

新基準に関する情報はこちらから

Titan Pokerをダウンロードして最初の$50を無料で遊ぼう!

More Stories

どう思われますか?