オンラインギャンブル研究の法案提出

オンラインギャンブル研究の法案提出 0001

ネバダ州民主主義代表Shelly Berkley氏はオンラインギャンブルの増加に関するアメリカの適切な対応について、国家科学教育機関の国家研究団体が12ヶ月に渡って研究を指導するという法案(HR 2140)を議院に提出した。これは他の国がどのような技術や営業方を使ってオンラインギャンブルを規制しているかを研究するものだ。また現在どのように法律の不一致が起きているかを理解するために、国や州、そして特定の地域でのインターネットギャンブル法を研究する。そして、UIGEAと世界貿易機関の規制がオンラインゲームにどのような影響を与えているのか調査される。

UIGEAを軽蔑するBerkley氏が率直に反対されるなか、彼女はこの法案はオンラインギャンブルを否定してはないと主張、「この法案のメリットの1つは、味方や敵を選ばないことだ。オンラインギャンブルを良いとも悪いとも言っていない。ただ"この問題について研究しましょう"と書いてあるだけだ」と述べた。

インターネットギャンブル研究条例(HR 2140)はBerney Frank議員がインターネットギャンブル規制と施行条例を発表して、2週間も経たないうちに発表された。Frank氏はBerney氏の法案が自分の法案を賞賛していると考え、HR 2140を支持する60人のうち一人でもある。他の支持者は、ネバダ州の残り2人の講話主義議員Dean HellerとJon Porterだ。

この法案について財務サービス、司法、方法手段委員会の3人の議員から、好意的な意見が上がっている。まず、先ほど述べたように財務サービスのBerney Frank議長からの支持。次に司法のJohn Conyers(ミシガン州民主主義)議長も、同じくHR 2140を支持している。彼は2003年にインターネットギャンブル免許規制条例を発表したが、この条例は通ることがなかった。もし、通っていたならば、アメリカのオンラインギャンブルにおいての法律研究の権限を与えられていただろう。そして最後に方法手段委員会のCharles B. Rangel(ニューヨーク州民主主義)議長も去年の7月にUIGEAに対して反対しており、またHR 2140の支持者である。

More Stories

どう思われますか?