法の規定がテキサスポーカー法案を潰す

法の規定がテキサスポーカー法案を潰す 0001

テキサスポーカーのプレイヤーらは、Hold'emの名で知られるているようによりポーカーを身近に感じられることを期待していたが、それが望み薄であると近年になって分かってきた。提案されたテキサス州法案(HB 3186)の審議が、他の法案に丸1日を費やした後に予定されていたために十分に考慮されることはなかった。

州議会の規定によれば、何百と言う議論すべき問題を載せた23ページもの議事日程表の最後に位置づけられ法案が夜中の締め切り前までに2度目の法案読会にいたらなかった場合は、その法案はもうこれ以上審議されないことになっている。新しく発見された半端な法的支持を得た、この法案の運命は典型的なものだった。今日ポーカーをより合法的なものにしようとする動きは、それに反対する人々によってじわじわと押し殺されてしまう運命なのだ。

この法案の発起人である、州議会議員のJose Menendezは先週、法案が投票まで到らないことが明らかになったのを受けて、Dallas ESPNラジオに残念そうなコメント寄せた。「極めて残念です」とMenendezは言う。「私の同僚の多くが、ポーカーを合法にするための投票で彼らの次の選挙に悪影響が出ることを恐れています。特に共和党員の友人は彼らの主要な支持者を恐れているのです。」Menendezはまた、この法案がいくつかの世論調査でテキサス住民に強く支持されている娯楽に、組織立って取り締まれる環境を作ることを意図したものだという事実も強調している。Menendez (D-San Antonio)はまだもう一度ポーカー法案を議題にあげるつもりなのかは発表していない。多くの傍観者たちは、2007年内にはテキサスポーカー法案に努力が費やされることはないだろうと見ている。

More Stories

どう思われますか?