UIGEAの廃止にスポーツ団体反対

UIGEAの廃止にスポーツ団体反対 0001

先週、Barney Frank国会議員はアメリカでのオンラインギャンブルを法律上認める為の法案を提出した。 財務サービス議院の議長、Frank氏はオンラインゲームコミュニティーで仲間を作り、その中で一人力強い相手を見つけた。プロのスポーツ団体だ。

財務サービス議員はもうすでに「オンラインスポーツギャンブルを法律で認める事に対して強く反対する」と表明された、5つのスポーツリーグ組織がサインしたメールをNFL団体員Martin Goldから受け取っている。多くのスポーツリーグはずっと前からスポーツリーグの誠実さを守るため、スポーツギャンブル法律制定の反対をしてきた。しかし、彼らが反対しているのはスポーツギャンブルだけではない。さらにメールには「またスポーツでなくても、全てのオンラインギャンブルを法律上認める事に我々は反対する。現在の時点で、スポーツギャンブルと他のオンラインギャンブルで、違う扱いをするべきでないと思う」と書かれていた。

Martin GoldやNFLがオンラインギャンブルに対して反論してきたのはこれが初めてではない。元上院のリーダーBill Frist氏の下で働いていた元役員Gold氏は、UIGEAを止めるためにNFLに雇われた。

Goldは一貫性のある政策を、全てのオンラインギャンブルに対してとるべきではないと主張した。しかし、 彼はファンタジースポーツリーグのオンラインギャンブルに関しては、都合良く議論から除外している。 UIGEAが多くのスポーツリーグに議論される中、同じようにUIGEAはファンタジースポーツリーグ(多くのスポーツリーグフランチャイズと彼らのテレビのネットワークの為に何億ドルも利益をあげている事業)に関しての議論をスポーツリーグに返している。

More Stories

どう思われますか?