英国、Frank氏の法案を支持するキャンペーン発表

英国、Frank氏の法案を支持するキャンペーン発表 0001

英国にあるUC GroupとBaker Tilly Accountantsの二つの企業は安全なインターネットギャンブルに向けて取り組むことを発表した。これらの企業は、安全な規制されているオンラインギャンブルの他に、マサチューセッツ州民主党代表Barney Frank氏が4月26日に発表したインターネットギャンブル規制法も宣伝している。

インターネット通貨取引会社であるUC Groupと国際経理組織のBaker Tillyは、Frank氏の法案導入の為に米議員のインターネットギャンブル規制運動に参加していた。UC Groupは、Frank氏の支持者と彼自身がIGREAを取り入れる際に相談をした会社の1つだった。アメリカでオンラインギャンブルが規制されれば両方の企業は利益を得ることになる。

この運動には、利益を求めていないe-Commerceやオンライン賭博を規制また保証している欧州賭博協会、そしてギャンブルに問題を抱えている人を助けるGamCareというような企業が参加している。

公式発表で代表者のJeffrey Sandmanは、Frank氏の法案と昨年10月に法律となった不法インターネットギャンブル施行法が必要だと述べた。「今何百万人のアメリカ人は、プレーヤーの保証無しに規制されていない環境でオンラインギャンブルをしている。厳格な許可と規制はアメリカの顧客を守り、また未成年のギャンブルを防ぐことができるだろう。Frank氏の法案はアメリカ政府の無意味な介入を制限し、正しい方向への大きな一歩となるだろう。」

つい最近、バンクーバーの賭博会議の長官となったJohn Fitzgeraldはオンラインギャンブルの国際規制を発表するなど、Frank氏の法案は海外からの支持も得ている。

安全なインターネットギャンブルに向けての運動の情報はここで。

www.safeandsecureig.org

More Stories

どう思われますか?