iMEGAがUIGEA施行に対し訴状を提出

iMEGAがUIGEA施行に対し訴状を提出 0001

The Interactive Media Entertainment and Gaming Association (iMEGA)はUnlawful Internet Gambling Enforcement Act (UIGEA)の施行に対する一時的停止命令を要求したグループを支持し、アメリカ検事総長Alberto Gonzalesに対する訴状をアメリカ地方裁判所(ニュージャージー第三地区)に提出した。このグループによると、一時停止命令はUIGEAの合憲性に異議を唱えるのに先駆けて要求されたようだ。iMEGA裁判の審問は9月4日に予定されている。

訴状提出は、UIGEAがオンラインサイトとの取引を禁じるよう指示するために連邦準備制度の知事委員会の秘書と検事に与えた270日間の終わりと一致している。締め切りが迫る中、この規制の施行(つまりUIGEAに向けられた初めての訴訟)も差し迫っている。iMEGAの要求を呑むことは、UIGEAの合憲性が証明されるまでUIGEAを一時停止することを意味する。

合法性への訴えは44ページに渡り、主に4つのポイントに分けられる。第一に、iMEGAは検事総長への苦情はグループにUIGEAへの禁止命令を許すように見直しが必要だ。言い換えれば、iMEGAのメンバーはUIGEAを侵したことで犯罪として起訴されるかもしれないので、この事件は前もって法廷で解決される価値がある。

このグループの次のポイントはiMEGAのUIGEAは違憲だという主張だ。この第二のポイントでは、グループはオンラインギャンブルに対する法律の抑止はすでに確立された合法のガイドラインに反するという。

第三の争点はUIGEAの「選択的禁止」で、この禁止命令はオンラインギャンブルを規制する「もっとも弱い制限方法」を意味するわけではない。訴状のこの部分で、iMEGAは最近のフィルタリングソフトであれば効果的に未成年者をオンラインギャンブルから守ることができると主張している。UIGEAは「長年合法とされてきた個人の行動に広く深く介入しすぎている」とグループは主張する。「だからこそ、違憲なのだ。テクノロジーによってUIGEAの支持者の公共の倫理に対する懸念が無視されてしまう可能性があるときは特にだ。」

最後に、iMEGAはこの法令が、各州のオンラインギャンブルに関する法律を無視し国家全体に規制をしこうとするのと同様に、どのようにオンラインギャンブルに対する不定期な抑止力を持つというのかという点について議論している。グループによれば、この2つの結果はUIGEAの違憲性をさらに示すものだ。

iMEGA出資者のJoe Brennan Jr.によれば、一時的な抑止命令は「グループからの苦情にたいして政府が的確な時期に対応することを強く促すことになるだろう」「我々はこの要求のもたらすメリットについて本当に自信を持っている」とBrennanは付け加えた。

More Stories

どう思われますか?