ナショナルポーカーリーグ、ロンドンへ

ナショナルポーカーリーグ、ロンドンへ 0001

8月12日にナショナルポーカーリーグ(NPL)はUKオープンと共に独自のWorld Circuit Tourを開始する。Loose Cannon Clubがポーカー愛好者たちを確実に魅了するイベントのホストを務める。

UKオープンは2007年NPL World Circuit Tourの最初のイベントで、ツアー自体はこれからモンテカルロ(モナコ)、マニラ(フィリピン)、トロント(カナダ)などでトーナメントを開催し、2007年12月上旬にラスベガスでのベガスオープンとWorld Championship Tableでイベントのファイナルを迎える。トーナメントはテキサスホールデムで行われ、ファイナルイベントは£2,500のバイイン、£500,000(米ドルで100万ドル相当)の賞金総額となる。

NPLテレビ部門代表のSam Riddleは次のように述べた。「Loose Cannon Clubと我々NPLが協力し、初めての国際的にテレビ放映されるトーナメントをヨーロッパで行えることを非常にうれしく思います。私たちは出場者決定のための全てのラウンドを撮影し、UKオープンでは1時間の特集を6回に渡って放映する予定です。」

Riddle氏によると、アメリカを始めとする世界中の放送局を通してNPLシリーズは1億世帯に届けられるようだ。26回の1時間特集はプレーヤーらの面白いインタビューや、ポーカープレーヤーやファンへのアドバイスなど使える情報も満載だ。

NPLは全部で26回に渡るテレビシリーズを用意し、アメリカやカナダ、ヨーロッパ、アジア、南アメリカで放送される。

NPLのUKオープンへの予備登録はすでにLoose CannonまたはNPLウェブサイト(nplworldpoker.com)で始まっている。イギリスの法律では、クラブの非会員はUKオープンのために少なくとも参加の48時間前に予備登録をすることを求められる。トーナメントのディレクターはLoose Cannon ClubのRoy Houghtonになる予定で、TDAルールが適応されることになる。

巨額の賞金に加え、NPL UKオープンの勝者にはこのイベントのためだけに作られた美しい銀のプレートカップが贈られる。

Loose CannonはロンドンのAllhallows Lane 13-16にある。

More Stories

どう思われますか?