デンマーク法廷がポーカーをスキルゲームと認定

デンマーク法廷がポーカーをスキルゲームと認定 0001

今年1月、英の高等裁判所裁判官が、ポーカーはスキルゲームではないと不名誉な判決を下した。数ヶ月前はロシアの裁判所にて、同様な裁判がなされ、実際、ポーカーをスポーツとみなす判決が下された。そして、今回はデンマークにてポーカーはスキルゲームであると裁判所が認めたニュースが発表された。

デンマークポーカー連盟の会長、Frederik Hostrup氏(有名プロのCarl Hostrupの兄弟)が、デンマークでポーカートーナメントを開催した際、違法ギャンブルゲームを開催したとして逮捕されたが、無罪が認められた。デンマークの法律では開催者側が商業的経済収入を達成しようと計画するゲームや競技会は違法ギャンブルとみなされる。

Hostrupの代理人、Henrik Hoffmannは、「ハンドの良し悪しに関わらず、自分の戦略を隠しプレーするスキルがあれば、ポーカーでは勝利することができる」として、ポーカーをスキルゲームとする議論の展開に成功した。これはポーカーだけでなく、世界でもギャンブルの規制が激しいスカンジナビアにとって、革新的な結果となった。

これでヨーロッパの裁判でスキル対ギャンブル討論の結果は、2対1とスキルが優勢となった。今後のアメリカでのスキルゲーム法案とともに、今後この議論は世界中で広がっていくことだろう。しかし今日のニュースは、能力と知性のゲームと信じるポーカー愛好家の私たちを元気つけるものとなった。

Ed note: $50をもらって、Titan Pokerでスキルを使おう!

More Stories

どう思われますか?