ギャンブルに関しての討論、世界中で激しくなる

ギャンブルに関しての討論、世界中で激しくなる 0001

最近、ギャンブルに関しての討論は激しくなっており、ギャンブルの合法と規則に関連した問題は、ここ数週間で世界中でニュースとなった。

アメリカ合衆国: 10月14日のNew York Postでは、ニューヨーク出身の2人の米国会議員がUIGEAを批判した。この、「インターネットギャンブル:税は禁止されない」という題がつけられた両党連立の記事では、Steve IsraelとPeter Kingが連邦施行機関に対し、インターネット賭博への「的外れで施行的な」禁止令に応じる事より、先に解決しなければならない重大な問題が他にあったと意見を述べた。彼らは、今年4月に財務サービス局長Barney Frank氏が法案したIGREAを支持する、35人の国会議員のうちの2人である。IsraelとKingは「IGREAはインターネット賭博サイトのオペレータが認可されるのを確実にする規定のフレームワークを作成し、未成年のギャンブル、強迫性賭博、不正なお金の取引、個人情報の流出、および詐欺に対して利用者を保護する」と述べた。

イギリス: 最近イギリスのニュースで騒がれているのが「ホワイトリスト」だ。ホワイトリストは、イギリスで2007年9月1日に実施予定の新しいギャンブル広告規制で承認された企業のリストだ。もし、自分が経営しているオンラインギャンブルサイトがリストに載っていれば、イギリスでサービス広告を出すことができる。もし、載っていなかったなら、運がなかったのだろう。Guardian新聞のSimon Bowersは、イギリスで認可されておらず、また税も払っていない海外の企業ポーカースターズがホワイトリストに載っていることを、苦笑して批判した。 関連するニュースでは、オランダアンティルの政府は年末に予定された未定の法律がホワイトリストに含まれる事を期待している。アンチグアの財務大臣Errol Court氏は、彼らの規定と認可の目的はイギリスのホワイトリストの基準と一致しているので、リストの上のスポットを保証するためには十分だと信じている。

フィンランド: フィンランドの討論はより基本的で、彼らの不安は子供にある。社会事務と保険衛生省は、フィンランドで法的なギャンブル年齢を18まで上げると提案している。何故なら現在、フィンランドでは15歳からギャンブルができるからだ。 また、内閣はギャンブル年齢制限より、良い方法が必要であると強調した。 内閣の提案を立証するのは、Taloustutkimusマーケットリサーチ会社によって行われた2つの研究だ。 1つの研究で、調査された14歳の半分以上はギャンブル経験がある報告した。 また、そのうちの3分の1は14歳以下で、彼らはプレーもしたことがあると言った。別の研究で、一般の15歳より若く見える15歳の子供を対象に調査を行った結果、若く見られて年齢を確認された割合はたったの7%だった。

南アフリカ: 南アフリカのMail&Guardianは、インターネットギャンブルを規制するように設計された全国ギャンブル改正法案の状態を報告することでとても忙しい。南アフリカの内閣は12月に改正草案を採用した。そして先週、改正草案は国民議会で検討され、ほとんど反対意見がなかったと予想される。 しかし、Mail&Guardianは、少なくとも数人のメンバーが未定の法律にあまり満足していないと報告した。「ギャンブルは規制しなければならない社会的な弊害であり、私たちはそれを利用して金儲けをしてはならない」と、アフリカ国家会議のメンバーBen Turokは述べた。北部の西州出身のSolomon Rasmeniは、この法案が不法な活動を禁止する事に導く場合にだけ、支持をするとメンバーに言った。 また、M&Gによると、オンラインギャンブルは黒人プレーヤーから利益を得る所有権を白人プレーヤーにもたらすと感じたメンバーが明らかに1人以上いたそうだ。

More Stories

どう思われますか?