Borgataでポーカー不正行為発覚

Borgataでポーカー不正行為発覚 0001

今週ニュージャージー検事総長は、2007年6月7日にアトランティック市のBorgataホテルカジノ&スパで起こったポーカー関連の不正行為に関わった4人の逮捕に関する詳細を発表した。カジノ企業の不正行為の有名な専門家Steve Forte、および Joseph T. Ingargiola, Stephen Phillips, James C. Harrisonは人を騙し、またコンピューターや窃盗の為の特別な装置などを使い窃盗を試みた。すべての被告が現在、保釈され自由に暮らしている。

この4人は隠しカメラが設置してある彼らのBorgataホテルにハイステイクポーカープレーヤーを誘い出す計画に関わったとされている。 カメラは、プレーヤーのハンドが見えるように設置されていた。またマークの付けられたカードが使用された事もあったようだ。また、ニュージャージー検事総長は、男性らは与えられたハンドの勝率を計算するコンピュータ・シミュレーションプログラムを使用していたと発表した。

彼のウェブサイトによると、被告 Steve Forte は彼自身のInternational Gaming Protectionというコンサルティング会社の社長であり、彼のクライアントと有名なカジノの多くが記載されている。Forteは「ポーカーを守る:不正行為・・・そして世界のポーカー」という本を出版しており、個人的に行われるゲームにおいて不正行為を防ぐ方法、またグループ詐欺やマーク付きのカードなどの詳細が明確に書かれている。

以前の報道では、今回の不正行為はBorgataのサマーチャンピオンシップイベントとなにかしらの関連があったと考えられていた。 しかし、4人の逮捕はトーナメント開始のおよそ1週間前にされていた。Borgataとニュージャージー司法長官の両方は、この詐欺は意図されてBorgataのポーカールームやトーナメントを対象したものでは無いと述べた。

この不正行為で高等技術が使われたが、基本的な詐欺の方法としては新しいものではなかった。詐欺師達は、彼ら自身が賢く、捕まることは無いと考えていたが、彼らはあまかった。けれど、もしSteve Forte の本を読んでいたら、捕まることが無かったかもしれない。

More Stories

どう思われますか?