Second Life ギャンブル禁止する

Second Life ギャンブル禁止する 0001

「政府はSecond Lifeも取り締まっている。」 少なくともこれは、人気の仮想世界の賭博規制の変化に対して、1人のメンバーの応答だった。 Second Lifeの新しい政策によって、仮想の居住者は仮想の「世界」で展開した多くのオンラインギャンブルサイトに参加することができなくなった。 7月25日に訂正されたLinden Labの新しい政策には「Linden Labのサーバーが運営するSecond Life(R)の環境で次のようなゲームでお金を賭ける事を罰する。(1) (a) 単にコンピューターでランダムに数字を決め運だけに頼って勝者を決める。(b) 現実のスポーツ試合の結果などを利用し勝者を決める。(2) (a)の勝者に仮想世界で使えるお金を支払う、または、(b)の勝者に実際の通貨を支払う。」と記されている。

Second Lifeには800万人のメンバーがおり、メンバーには土地売買や不動産サービス、仮想の世界証券取引所、オンラインゲームを提供していた。Second Lifeがメンバに厳守させている事の1つは「すべての仮想の居住者が自身の活動に法的に責任があり、彼らは住んでいる地方の法律を遵守する」ことだ。しかし、新しいUIGEAによって規制された環境のアメリカを拠点とするLinden Labs(Second Lifeの開発者)は「我々の方針でより広いアプローチを取る事を決め、UIGEAの評価基準を満たす全てのゲームを禁止することにした」と述べた。 明確に禁止されたゲームはポーカー、ブラックジャック、パイゴー、クラップ、ファロ、ルーレット、パチンコ、スロットマシーン、スポーツブック、およびスポーツの賭けを含む。 Second Lifeの仮想世界でのオンラインギャンブルに関する政策変更は、今回が初めてではない。 2007年4月にSecond Lifeは、「全ての案内広告、場所リストの広告、そして仮想カジノ活動に関連するように見えるイベントリスト」の広告を受け入れないと発表した。

メンバーからの反応は予測通り悪く、今年4月に行った政策変更の後の応答と同じで、 「私は賭け事が好きではありませんが、メンバーには自分のお金を使うかどうかを選ぶ自由がある」「ギャンブルが禁止された今、彼らが何をしだすか分からない」という声があった。 多くの人は、仮想世界を提供している実際のサーバーをアメリカから海外に移動させるのが良いと言った。

今までSecond Lifeのモットーは「あなたの世界。そして、あなたの想像」だったが、昨日から「オンラインギャンブルの禁止」となった。

More Stories

どう思われますか?