「スキルVS運」論争、またも裁判所で勃発

「スキルVS運」論争、またも裁判所で勃発 0001

ペンシルベニア被告側弁護士Lawrence Burnsによる$11,000以上の現金とテキサスホールデムトーナメントの経営に関する財産の差し押さえは、ポーカーの「スキルVS運」議論を州立裁判所で危機に追い込むことになりそうだ。

ピッツバーグ州郊外のグリーンバーグの弁護士、Burnsは8月3日に警察の手入れが入ったSeward Volunteer Fire Hallでのイベントを含むトーナメント運営について4月から調査されている。このイベントを計画し経営したBurnsはその後オフィスとラトローブの自宅を州警察に調査された。

Burnsは個人で弁護士を確保しており、没収された現金と財産の返還を求め、裁判に必要な書類を提出した。この差し押さえについてPittsburgh Tribune-Reviewの記事はBurnsを次のように引用した。「私はテキサスホールデムをプレーするのを楽しんでいるし、テキサスホールデムのトーナメントを開催することを楽しんでいる。私は自分の行いが違法だったとは信じない。しかし、どちらにしても、私は逮捕されるだろうと言われたよ。」

この訴訟においてBurnsは今ギャンブル州法に違反するかどうか捜査下にあるとして、彼はまだ逮捕されていない。ポーカーは法令では言及されていないが、「スキルVS運」議論を巻き起こしている。さらに問題を複雑にしているのは、ポーカーに関してペンシルベニア検察官の意見が全員一致していないことだ。州検事総長の代表がポーカーに関する多様なスタンダードを認める一方、ペンシルベニア州警察のスポークスマンは「テキサスホールデムはギャンブルだ」と発言し、今回の差し押さえと押収を擁護した。Burnsはイベントを経営することで利益を生み出したことを認めた。捜査官らはまたBurnsのイベントに参加したプレーヤーを特定しようとしている。

ポーカーの「スキルVS運」的性質についての法廷の判決は最近いくつかの国でその正当性が試されている。ロシアの判例はポーカーを公式のスポーツとし、デンマークの事例ではポーカーのスキルの要素を支持した。反対に、イギリスのGutshot事件ではポーカーがスキルのゲームであるということを否定した。

アメリカでは、州ごとから合衆国全体レベルまでこの議論が行われる可能性がある。合衆国の判例としてはBilly Baxterが彼のポーカーでの勝利を不労所得ではなく勤労所得と主張する(これによって賞金にかかる税が大幅に少なくすることができる)権利を勝ち取った1986年のWilliam E. Baxter Jr. vs. the United Statesの取り決めにさかのぼる。この事件のもともとの判事は、ポーカーが運のゲームであるというIRSの主張に反して、「政府の議論はくだらないと思う。私はただあなたが少しのお金を持ってBaxter氏と一緒に座ってポーカーをできるように祈っているだけだ。」と述べた。

More Stories

どう思われますか?