WPTE、利益と中国との取引を発表

WPTE、利益と中国との取引を発表 0001

World Poker Tour Enterprises(WPTE)にとって忙しい週となった。8月6日月曜日、WPTEは中国の国内スポーツ省の片腕であるChina Leisure and Sports Administrative Center (CLSAC)と契約を交わし、更には、第2四半期の利益を発表した。

WPTEは中国国内の「traktor」ツアーの推進を助けるため、5年のスポンサー権とCLSAとのマーケティング取引を決めた。「traktor」または「tuo la ji」というのは、ブリッジに似た中国で人気のカードゲームである。この取引の背景にある本当の動機はおそらくWPTが300万ドルの投資と引き換えに始まった中国でのポーカーに関する交渉権と取引を行う権利を獲得したことにあるだろう。ポーカーは中国本土では決して合法化されないだろう。しかし他の勝ち目の無いゲームと同様に、WPTはどうやら効果的に、比較的安価にこの○×ゲームの真ん中のマス(中国というポーカーにとって最も潜在的利益を持つ市場)を買い取った。

WPTはまた、今期ネットでの損失330万ドルと1株につき$0.16の損失を含む、自社の第2四半期の利益を公表した。去年の同時期では、WPTEは260万ドルの利益、つまり1株につき$0.12の利益を報告していた。第2四半期の損失はWPTEの今はもう破棄された室内オンラインゲームプラットフォームの開発計画に関わる230万ドルのゲーム資産の償却を含む。償却を抜きにするとWPTEのネットでの損失は110万ドル、1株あたりの損失は$0.05だ。

総収入は770万ドルでWPTEの推定より少し上回ったが、昨年の同時期と比べると30%の減少を示している。総収入の落ち込みは主にProfessional Poker Tour(PPT)関連の国内テレビの受信料が無いことに原因があるだろう。もう一つの要因としては、今期出費が多かったことだ。売買、一般、行政上の出費が2006年第2四半期に440万ドルから600万ドルに増加し、その原因はWPTEの一時中止された室内ソフトウェア開発の努力だった。

彼ら自身第3四半期の総収入予想を400から450万ドルと低くしていることもあり、これからもWPTEはつらい四半期を迎えるかもしれない。アナリストらの予想では564万ドルになる。WPTEの目標は売り上げと9月から始まるオンラインゲーム支持のためのマーケティング努力を伸ばしていくことなので、第3四半期の出費も未だ高いままになるだろうと予想されている。会社の役員らは会社の将来を支える原動力である新しく再開されたオンラインゲームサイトについてこうした数字や予測を発表することに乗り気ではないのだが、目標はオンラインゲーム市場で3から5%ほどのシェアを18ヶ月から24ヶ月で獲得したいと述べた。

WPTEの社長兼代表取締役のSteve Lipscombはまだ多くの課題が残っていると認めたが、彼はいままでのWPTEの戦略運営能力について楽観的だ。「我々は2007年、いくつかの分野で主導権を握っており、それらの分野での大きな進歩について報告することができるのを大変喜んでいる。第2四半期の最初に、我々はGSN(Game Show Network)とWorld Poker Tourテレビシリーズのシーズン6の宣伝と放映の場を設ける複数年におよぶ契約を発表した。6月にはCryptoLogicにおいて我々はオンラインゲームサイトの再始動に成功した。我々はブランド力とビジネスを国際的に築いてゆき、最後にはオランダとオーストラリアでのテレビ配給取引にたどり着いた。これは我々のPartyGamingスポンサーシッブに関する同意の下に行われ、まさに今週我々は中国への進出を発表したのだ。このプラス方向のはずみと我々の世界規模のブランド力を持って、我々は2007年とそれ以降に渡っての期待に熱狂している。」

More Stories

関連トーナメント

どう思われますか?