欧州委員会、フランスの締め切りの延長を認める

欧州委員会、フランスの締め切りの延長を認める 0001

先日、ヨーロッパ連合の一部である欧州委員会は、フランスのオンラインギャンブルに関しての法律変更の締め切りを延ばした。締め切り日は2007年10月29日に変更され、これによってフランス政府は、フランスの市場をヨーロッパで最も安全である経営者に開くことができるだろう。ヨーロッパ連合の市場委員会のスポークスマン、Oliver Drewesの発言によって、8月28日に締め切りが延長したという事が公になった。

フランスのオンラインギャンブルは2つの理由で欧州委員会のターゲットとなっている。理由の1つ目は、インターネットを制御するフランス政府に関係があり、2つ目はヨーロッパ連合の中での自由市場に関連がある。

もともと欧州委員会はフランスに2007年8月末までに、人々がフランスに権限が無いサイトに入ろうとした時、全てのインターネットプロバイダーに警告メッセージを提示する事を必要とした法律を提出するのを要求していた。もし、プロバイダーがこれに応じないならば、7万5000ユーロの罰金が課されることになった。また、同じ締め切り日の前に、フランスは競馬市場をヨーロッパのギャンブルオペレーターに公開するか、またはヨーロッパ条約第49条(ヨーロッパ連合の中での自由市場に関する)に違反したことを欧州司法裁判所に応答することを要求された。

9月5日水曜日より、多くのオンラインポーカーがフランスから無くなるだろう。英政府が2007年8月の始めに、特定のオペレータにイギリスの市場での広告を許可する「ホワイトリスト」を発行していた間、フランスでは法律によって全てのメディアで海外のオンライン・ギャンブルオペレータが広告をした場合、最低3万ユーロの罰金が課される状態にあった。

オンラインポーカーに関する問題はいくつかある。フランスで政府によって許可されているオンラインギャンブルのオペレーターはたった2つしかない。この状況で競馬専門のPMUがポーカー市場に進出する事は考えにくいだろう。またフランチャイズのdes Jeuxもオンラインポーカーをする計画は無いことを利害関係者に知らせた。つまり、新しい法律の下で、現在フランスでオンラインポーカーの広告を出すことは無理な状態にある。

More Stories

どう思われますか?